FC2ブログ

【2019年夏アニメ】自分的ダークホース

早いもので、今期のアニメもおよそ半分くらいが消化しました。

そこで前期、春アニメの時もやりましたが、今期の自分的ダークホースアニメの紹介をしたいと思います。



そもそも『ダークホース』と呼ぶ基準は何かと言いますと、『最初から見続ける予定だった作品』ではなく、『とりあえず1話目だけは観てみよう』と思って観てみたら予想外に面白かった作品の事を自分の中でそう呼んでいます。

ちなみに前期の場合は
『ひとりぼっちの◯◯生活』
でした。

20190807175014901.jpg






そして今期の自分的ダークホースアニメは2本あります。

まず一つ目。

『ダンベル何キロ持てる?』

20190821141302336.jpg



これに関しては多少期待してた部分もありました。

PVを観た時に「ちょっとエロそう♡」という感想をもち、正直に言えばただのエロ目的で1話目を観たのです。

ところが蓋を開けてみれば、エロ以外でも面白い。

OP、ED、ともに耳に残って離れない中毒性のある曲。

そして、僕は結構『筋肉ネタ』が大好きなんです。

マッチョが何気なく大胸筋をピクッと動かしただけでニヤニヤしてしまうくらい。

自分がいい歳をしてエロが好きなのは否定しませんが、それだけでなく筋肉好きという部分にも訴えかけてくる作品でした。

ちなみに僕のイチオシは立花里美先生。

2019080717502395c.jpg


20190808014903db0.jpg


20190821141519aa8.jpg



やっぱり黒髪は最高です。





そして二つ目。

『女子高生の無駄づかい』

20190821141605886.jpg



こっちはもう、完全にダークホースでした。

事前にPVも観ていませんでしたし、どういう内容のアニメなのかすら知りませんでした。

それでも観てみようと僕を動かした理由はただ一点、タイトルの『女子高生』の部分だけです。

とりあえず1話目を観てつまらなかったら切ろう(継続して観るのをやめよう)と思っていたのですが、見事にハマりました。

それでも1話目の時点での感想は「OPは気に入った」という程度で、内容については「まぁまぁ面白い」というくらいでした。

しかし2話目以降、なんとも言えないテンポの良いギャグにどんどんとハマっていきました。

最初の視聴理由である『女子高生』とかもうどうでもよく、下心抜きにして面白い。

1話目の時に「まぁまぁ面白い」程度だったのは今にして思えば、各キャラがまだ本気を見せていなかったからなのだと思いました。

1話目はとりあえず登場人物全員のフワッとした紹介程度で、彼女らがその秘めたるポテンシャルを遺憾なく発揮し始めたのは2話目以降。

もう畳み掛けるかのように面白さのアクセルを全開にし始め、回をおうごとに失速するどころかさらに前回を越えてくるという爆走ぶり。

以前に書いた『2019年アニメランキング』の中でも一気に上位へ駆け上がってきている状況です。

そんな僕のお気に入りキャラは、ロリ。

2019080717503255a.jpg



そしてヤマイ。

20190821141731a33.jpg



この二人がメインで出てくるとハズレが無い。




さぁ、今期のアニメも残り約半分。

このまま失速しないで最後まで楽しませてもらいたいです。



スポンサーサイト



【アニメ】2019年夏アニメ、海外のアニメファンが選ぶベストガール選手権の優勝者を大予想

皆様、毎日とても暑い日が続きますが、体調管理はできていますか?

僕は最近、『一日おき禁酒』を始めました。

正確には曜日を決めて、『月水金だけ飲む』って感じです。

2年くらい前に1ヶ月ほど完全禁酒をした事がありましたが、あの時はツラかった。

でも今回の『一日おき』は精神的にも無理なく続けられそうで、年齢的にもアルコール量を減らすべきだと思うので頑張ります。



さて、今回の本題です。



日本のアニメは今や国内だけでなく、海外の人からも人気が高く、もしかしたら海外の人のほうが日本人よりも日本製アニメを愛してくれてるんじゃないか?と思うほどです。

そして感想のまとめサイトなんかを見ていると、海外のアニメファンのほうが日本人よりも『お行儀が良い』ようにも思うのです。

国同士がピリピリしてる状況下でも、例えばアニメファンの中国人と韓国人と日本人は仲良く交流しているわけです。

もうマジで本格的な『アニメ外交』とかに力を入れてみたら平和になるんじゃね?



脱線しましたが、現在の日本のアニメは主に季節ごとに放送されるのが一般的で、全12~13話で1クール、3ヶ月で完結という作品がほとんどです。

今は8月ですので、7~9月期の『夏アニメ』と呼ばれるシーズンです。

で、

毎シーズンの終わりに毎回、『海外アニメファンが選ぶベストガール選手権』という、トーナメント制の人気投票があるのです。


https://dsara.blog.fc2.com/blog-entry-4398.html?sp


面白いのは、日本人ではなく『海外のアニメファンが選ぶ』というところ。

なので単純に日本で人気が高い作品のヒロインが勝ち進むとは限らず、外国人の好みに左右されるのです。

ちなみに前期、『2019年春アニメ』の優勝者は『ひとりぼっちの◯◯生活』の主人公、一里ぼっち。

20190807175014901.jpg




日本での人気が低かったわけではないですが、果たして日本人が対象の投票だったとしたら優勝できただろうか?と思います。

そこで今回の本題ですが、まだ放送途中の今期『夏アニメ』で、ベストガールの栄冠を掴むのは誰か?という個人的な予想を発表します。

くれぐれもですが、あくまでも『海外のアニメファンが選ぶ』を前提とした予想ですので、必ずしも日本での評判には直結していません。





予想をたてる上で、海外の人達の好みの傾向を分析してみました。

海外の人が好む傾向は、『真面目』、『純粋』、『努力家』といったキャラクターのように感じました。

そんなわけで、僕の予想する『2019年夏アニメのベストガール』がこちら!



【本命】ロリ
『女子高生の無駄づかい』
2019080717503255a.jpg


普段はツンツンしてるんですけど、実はとてもピュアな女の子で、かなりの『お婆ちゃんっ子』。





【対抗】紗倉ひびき
『ダンベル何キロ持てる?』
20190807175058f05.jpg


見た目はギャルで不真面目そうなんだけども、『ダイエットしてモテたい』という目的の為に純粋に努力する姿に好感がもてます。




【対抗その②】鬼島ほまれ
『ソウナンですか?』
20190807175106ff7.jpg


無人島で遭難という過酷な状況でも常に冷静で、女子高生らしからぬサバイバル知識で仲間を引っ張っていくリーダーシップがあります。





【穴】ラティナ
『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』
2019080717504822d.jpg


とにかく純粋無垢な女の子。『守ってあげたい票』が集まる可能性あり。





【大穴】コハク
『Dr.STONE』
2019080717504112a.jpg


アニメではまだ本格的な登場はしていませんが、病弱な姉を助けたい一途な女の子なので、海外の人にウケがいいのでは?と思います。





なお予想とは全く関係なく、個人的に大好きな今期アニメのベストガールはこちら。

【個人的ベスト】立花里美
『ダンベル何キロ持てる?』
2019080717502395c.jpg



20190808014903db0.jpg








完全正解とまではいかないまでも、これらのメンツが準決勝くらいまでは残ると思ってます。

とは言えトーナメント戦ですので、対戦の組み合わせ次第では早い段階で優勝候補同士が当たる可能性もありますので、実際にどうなるかは温かく見守りたいと思います。




【闇営業騒動】最近ニュースを見て思う事

今回の『闇営業騒動』。

気づけば随分と大きな騒動となりましたね。

僕もお笑いは好きなので、とても残念な騒動です。

僕が何を言ったところでこの件には何の影響もありませんが、それでも自分なりに思うところもあるので、その思うところを書きたいと思います。



まず大前提として、今回の原因となる雨上がり決死隊の宮迫博之を擁護する意思・意図はありません。

そこだけは留め置いてください。



【反社会的勢力について】

騒動の経緯を聞く限り、入江以外の芸人さん達を責める気にはなれません。

その時の状況についてはわかりませんが、「普通のパーティーです」と言われてしまえば反社会的勢力かどうかを見抜くのは難しいでしょう。

特に最近は昔の『暴力団・ヤクザ』とは違い、『半グレ』なんて新しい言葉も生まれたように、パッと見でそれとわかるような奴らではないからです。

むしろ法律が厳しくなったからこそ、奴らも闇に潜むためにパッと見でわかりにくくなったはずです。

そういう意味じゃヤクザよりタチが悪い。



【芸人社会について】

芸人の社会というのは特に先輩と後輩の絆が強いと聞いています。

特に吉本興業というのは、駆け出しの売れてない芸人は本業の収入だけでは食っていけず、それを助けるのが売れている先輩芸人です。

僕の昔の職場にも、吉本興業ではありませんでしたが芸人のバイトの人がいました。

売れてない後輩から頼まれたら、先輩芸人は「よし、俺で力になれるなら助けてやる」というのが当たり前の世界です。

それを世間からすれば『馴れ合い』と取るかもしれませんが、僕は単純に馴れ合いとは呼びたくありません。

一般の世界に当てはめるなら、『江戸っ子の粋』という精神に近いのではないでしょうか。

宮迫が100万円もらったのに覚えていないと会見で言っているのを聞き、一般の感覚では「100万円という大金を?」と思うかもしれませんが、ある意味では仕方ないと思います。

「やっぱり稼いでる売れっ子芸人は金銭感覚が違うな」というような意味ではありません。

例えば明石家さんまとか「正月は局で後輩芸人に会うとお年玉をあげる」とよく言ってますが、それを実行しようと思ったら常に相当の大金を持ち歩いていなければできません。

正月以外でも、芸人の飲み会があったなら、割り勘などではなく一番立場が上の先輩芸人が会計を全て支払うのが暗黙のルールみたいなものです。

帰れない後輩がいたらタクシー代も出すでしょうし、それも三千円で足りるとしても一万円を渡して「残りは小遣いや」とするでしょう。

そんな生活が日常となってる人に一般人の金銭感覚が無いというのは仕方ない気がします。

それが良いか悪いかは別として。

そういう日頃の先輩からの『お小遣い』もあるからこそ、生活の厳しい売れてない若手芸人は助けられているのでしょうし、だからこそ先輩に感謝すると同時に「先輩のようになりたい」と上を目指すのだと思います。

吉本興業では会社からの給料が少ないからこそ、そういう先輩後輩文化が生まれたのでしょうし、それを事務所レベルでやったのがビートたけしなんだと思います。

芸人レベルでの想いでは吉本芸人もビートたけしも同じで、「売れてない後輩を守りたい」という所は共通してると思います。



【悪いのは誰か?】

一番悪いのは『反社会的勢力』です。

そこだけはブレてはいけない。

そして反社会的勢力と知りながら仲介の話を持ってきた入江。

その次くらいに、宮迫博之。

宮迫の場合は反社会的勢力と見抜けなかった事については致し方ない部分もあると思いますが、事が発覚した時に『正直に言わずに嘘をついた事』のみ。

そこについては会見で正直に謝罪したので、数年後には許されるべきではないかと思います。

あんな会見の後では『笑いを売る』商売の芸人にとっては致命的で、数年は誰も彼で笑えない状態となりました。

許すとか許さないとかではなく、仮に世論が宮迫に同情的な目を向けたとしても、芸人としては事実上『笑いを生み出せない状態』になってしまっているので、どうしようもないと思います。

そして吉本興業。

吉本興業の契約環境については今回の騒動以前からずっと有名な話で、それによって今回は大きな問題が起きました。

これによって吉本興業が変わるのか、それとも内部の大物クラス芸人が新事務所を立ち上げるのかはわかりませんが、少なくとも今までのやり方が今の時代には適していない事は身に沁みたのではないかと思います。




【最後に】

吉本興業が変わるのかどうかはわかりませんが、そこは芸人では無い僕にとってはどうでもいい事です。

それと同じように、一般の人達にとっても本来はどうでもいい事のはずです。

ファンの人達にとってはどうでもよくないかもしれませんが、そこは『広い意味で当事者では無い』という意味で。

僕が一番言いたいのは、「やたらと叩きたがる輩が多い」という事です。

詐欺被害にあわれた方が言うならわかりますし、言う資格があります。

しかし、今回の騒動に限らずですが、『声を大にして批判してる奴は大体、当事者では無い』
そこに違和感を覚えるのです。

「宮迫を許すな」

「宮迫が一番悪い」

『最初に嘘をついた』という点ではその通りだと同意しますが、僕からすれば「だから何?」って感じです。

物語の登場人物では無い、脇役ですら無い、舞台に上がる資格の無い者達が、さも登場人物のような態度でああだこうだと言っている様は『滑稽』以外の何物でもありません。

人間なので感想をもつ事は自由ですが、「宮迫を許すな」とか言ってる部外者は何と戦っているのでしょう?

例えば、「自分はデビューした時から宮迫さんの大ファンで、絶対に嘘をつくような人だと思っていませんでした。なので今回の結果は残念です。今は宮迫さんのついた嘘を許せる気になりません」
と、このような言い分であれば理解できますし、きっとかなり心を痛めているのだろうと推し量れます。

ですが、現状で騒いでる輩はここまでの気持ちで言ってる者などほぼいないと思います。



まとめますと、

「我々は部外者なんだから、言うなら感想くらいにしときましょ。許すだの許さないだの、資格の無い奴が言ってても滑稽だよ」

って事です。



【ネタバレ注意】この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

今年の1月から放映しているアニメ

『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』


元々はエロゲーが原作で、今から遡る事約20年くらい前、アラフォーの僕が高校生の頃の作品です。

実際に僕がプレイしたのは高校を卒業した後、セガ・サターン版でしたので、「モロ」というセックスシーンはカットされていましたが、それでもかなりエロかったのを覚えています。


今回のブログは記憶を頼りに印象に残ってる場面を書いてみたいと思います。

現在放映中のアニメが初めての方にとっては盛大なネタバレとなりますので、ネタバレが嫌だという方は読まないようにお願いします。

続きを読む

【アニメ】2019年(令和元年)上半期終了時点ランキング

早いもので、2019年ももう半分が過ぎました。

違う言い方をするなら、上半期が終わったという事です。

そして今はシモ半期の最初の月です。

そんなわけで今年の上半期の、『自分的アニメランキング』を発表します。

ここで注意なのは、あくまでも『自分的』ですので、世間の人気や評判は一切関係ありません。

世間で人気が高かろうと、僕が観てない作品は当然ランク外ですので、悪しからず。




【2019年/令和元年 上半期時点ランキング】

1:   かぐや様は告らせたい
2:   盾の勇者の成り上がり
3:   この世の果てで恋を唄う少女YU-NO
4:   ジョジョの奇妙な冒険part5黄金の風
5:   五等分の花嫁
6:   賭ケグルイ××
7:   世話焼きキツネの仙狐さん
8:   逆転裁判
9:   ひとりぼっちの◯◯生活
10: 八十亀ちゃんかんさつにっき
11: 賢者の孫
12: みだらな青ちゃんは勉強ができない
13: なんでここに先生が!?
14: ドメスティックな彼女
15: 上野さんは不器用
16: ノブナガ先生の幼な妻
17: サークレットプリンセス
18: 女子かう生



こんな結果となりました。

順位付けの基準は
『面白いと感じたかどうか』
『次週の待ち遠しさ具合』

この二つを自分の心と相談しながら選定しました。


そんなわけで、上半期終了時点での今年の覇権アニメ候補1位は

『かぐや様は告らせたい』

となりました。

そしていよいよシモ半期に突入しているわけですが、かぐや様はトップの座を守りきれるのか?

今年の年末、または年明けに
『2019年アニメ総合ランキング』を
発表したいと思います。




※お知らせ
今回の記事より、コメント投稿に制限を設けています。
これは最近、意味不明な外国語コメントが頻繁に投稿されまくり、削除作業が面倒になってきた為です。
プロフィール

マッピー

Author:マッピー
マッピー著
『たまぁに本気でムラムラするブログの書き方』

1260円
フランス書院より
絶賛発売中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR