スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リレー小説【第二部】第三話

これまでのお話

第一部プロローグ :聖マリアンヌスって!!!
第一話 :長げーよ!!
第二話 :東京では、なんかスンマセンでした
第三話 :ボヨヨン♪ボヨヨン♪
第四話 :ブログの指の写真でご飯三杯食べました
第五話 :お前、死んでしまえ!!!
第六話 :馬渡は静かに暮らしたい
第七話 :pon!っと。 そして 伝説へ…
第二話プロローグ :リンクまつり開催中
第二部第一話 :カマキリハッキリこれっきり
第二部第二話 :中央ブリーフ連盟、略して「中ブ連」






ジャンゴ「さぁ~どうした?いつまで引っ張るつもりだ?」


温度差「くっ・・・くそぉ・・・」


ジャンゴ「引っ張って次の作者に無茶ブリするのも一つの手だが、 
   読者からは「何も思いついてないな?」とバレるぞ?」


温度差「うう・・・ボケての『ボ』・・・」




その時、こちらに向かって駆けてくる足音が響いた。
温度差は天の助けか?と期待の眼差しを向ける。
そしてその足音の正体は、ジャンゴの手前で止まった。



ジャンゴ「どうしたんだ?マッピー。そんなにあわてて」


マッピー「はぁ、はぁ、ニュースだ!これを見てくれ!!」



マッピーは手に雑誌を持っていた。それをジャンゴに手渡す。



ジャンゴ「今日発売の『エロイデー』じゃないか?コレがどうした?」


マッピー「それの特集ページを読んでみてくれ!」


ジャンゴ「いいけど、温度差のあいうえお作文が終わってからな」


温度差「覚えてたのかよおおおおっ!!」


ジャンゴ「当たり前だ!またうやむやにしてたまるか!!」


温度差「でもほら!ビッグニュースみたいだいしさ、ねっ?
   そっちを先に見てみようよ!!」


ジャンゴ「安心しろ、雑誌は逃げたりせん!!」


温度差「なんで今回に限ってそんな正論っぽいの!?」


マッピー「まぁ俺も温度差の手助けするのはシャクだしな~」


温度差「助けようよ!!」


ジャンゴ「仕方ねーなー。あいうえお作文の代わりに、何か
   一発ギャグをやったら雑誌の話題に変えてやるよ」


温度差「ええ~?一発ギャグって・・・僕そういうキャラじゃ・・・」


ジャンゴ「あるだろ?何かさぁ、ほれ!」


温度差「よ、よぉ~し・・・それじゃあ、せーの・・・」











どっさんの

必殺!肩愛撫!!
























ジャンゴ「・・・で?ニュースって何?」


温度差「シカトかよっ!!」


マッピー「まず特集ページを見てくれ」






特集ページの見出しにはこう書かれていた。

『あの男がついに逮捕!!裁きの時は来た!!』


・・・それだけだった。







ジャンゴ「いや、『あの男』って誰だよ?」


マッピー「次のページを見れば写真が載っている」




ジャンゴはパラッとページをめくる。










2011-10-02 21_56_05




ジャンゴ「顔が隠れてるじゃねーか!!」


マッピー「そりゃ、顔を出すわけにはいかないだろ」





写真の下にはこう書かれている。

『あの男が夜の歌舞伎町に現れた!!』

そしてさらに、もう一枚。





2011-10-02 22_26_42




ジャンゴ「この手前の、胸を揉まれてる人物は?」


マッピー「被害者のいんでい氏だ」


ジャンゴ「この写真も顔が隠れてるじゃないか。被害者はともかく、
   この後ろのオッサンは顔をさらすべきなんじゃないか?」


マッピー「たしかに性犯罪者だから顔をさらすべきかもしれんが、
   ここはネット上だしな。そういうわけにもいかんだろう」


ジャンゴ「ん?ネット上?これは雑誌じゃないか」


マッピー「おっと間違えた!今のは忘れてくれ!!」


ジャンゴ「で?結局ニュースってのはこれか?この写真のオッサンが
   逮捕されたのがビッグニュースだっていうのか?」


マッピー「そうだよ!驚かないのか?」


ジャンゴ「いや、だって顔が隠れてるし!誰なのかわかんないし!」


マッピー「仕方ない・・・じゃあ、もう一枚ページをめくってみろ」




もう一枚ページをめくる。

するとそこには、さっきの男の似顔絵があった。













ジャンゴ「取鳥のHIWAIじゃないか!!」


マッピー「そうだ。ヤツがついに逮捕されたんだ。その雑誌によると
   どうやら明日、裁判が行われるらしい」


ジャンゴ「ふふふ・・・そうか!ヤツがついに捕まったのか!!
   いいぞ!これはめでたい!!はーっはっはっはっは!!」





温度差は何が起きているのか理解できなかったが、
どうやらジャンゴにとって嬉しい出来事が起きたようだ。




ジャンゴ「よし、そうとなったらこんな事してる場合じゃない!!
   俺が今すべき事は・・・!!」


マッピー「ああ!!俺も手伝うよ!!」














ジャンゴ「はい、温度差!ボケての『ボ』!!




温度差「そこに戻るのかよっ!!」




<続く>


プロフィール

マッピー

Author:マッピー
マッピー著
『たまぁに本気でムラムラするブログの書き方』

1260円
フランス書院より
絶賛発売中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。