スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回リレー小生・2周目【第3話】

★1巡目★
<プロローグ:プロローグの名の下に縛りを無視するファンガツ(戦闘シーン入れろよ)

第1話:ユーキャンの通信講座で穴あけ能力検定に合格しててよかったな

第2話:涙の数だけ強くなれるよ。でも『涙』という漢字が書けないの

第3話:小林製薬の糸ようじ、フランス語でいうと‘コヴァーヤスィ・イトゥヨウズィーノ゛

第4話:井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません。

第5話:さるぼぼは知らんけど、巨ゾン師匠で激しく吹いたよ

第6話:クッタスに仕返し

第6.5話:アンデッドとキャラメルの箱

第7話:「イクと締まる神社(キュキュッとね)!」

第8話:HIWAI`S 69 MOVE(死ね)

★2巡目★
第1話:黄色は緑色を握りつぶして汁が出た。

第2話:MAMAん子と、アネン子と、心強さと








パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ
パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ
パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ
パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ
パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ
パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ
パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ





マピ「いやぁー、いい最終回だったね!!」


小生「は?いやいや!終わってないだろ!!」


マピ「え?でも・・・すっごいイイ話でしたよね?」


小生「あ、うん。それは認めるけども!!たしかに

  すっごい感動できる話ではあったけども!!」


マピ「じゃあ何が不満なんスか?姐さん~~?」


小生「でもぶっちゃけ思い出話なわけだから、

  残念ながら話は先には進んで無いだろ!?」


マピ「あ・・・・・・」


小生「俺の言ってる意味、わかるよな・・・?」


マピ「まぁ、そうッスけど・・・それ言っちゃいますか~」


小生「なっ、なんだよその態度!?まるで俺が

  空気読めてない発言したみたいな・・・」


マピ「いやいや、姐さんは間違ってないッスよ~、ええ」





「あの~・・・」




小生「ああん?うっせーな、こいつシメてる最中・・・」






midori.jpg

取鳥「あの・・・僕らの事、忘れてません?」


マピ「あ、そうッスよ姐さん!今は僕をシメるより先に

  みんなを助けてあげないと!!取鳥以外!!」


小生「くっそ、お前覚えてろよ・・・」




kuttaremon.jpg
ponpon.jpg
bbanko.jpg
pori.jpg
tuyo.jpg



クッタ・pon・伴子・ポウ・フォト
「「早く元の姿に戻して~~~~!!」」




小生「つってもよぉ、どうしたらいいんだ?コレ」


マピ「あ!姐さんの変身能力!!他人にも効果があるって

  そういう設定にしちゃえばいいんじゃない!?」


小生「そっか!今さら細かい設定は無視してもアリだな!!

  えっと・・・何か合言葉とか言った方がいいのか?」


マピ「姐さんの能力なんだから任せますよ」


小生「そんじゃ、ラミパス・ラミパス・ルルルルル~~


マピ「今どき『ひみつのアッコちゃん』て・・・ぷぷっ」


小生「お前やっぱ殺す!!」





pon「やったぁ!!」




クッタ「元に戻ったぞ!!」




フォトバイ「助かったぁ」




伴子「おかーーーさーーーん!!」










midori.jpg

取鳥「あの・・・私は柚子のままなんですが」



小生「お前、諸悪の根源だし。お前はこのままな」


取鳥「えええええええええええええっ」






小生「さてみんな!まずはここで、今後の対策会議をしたい」


クッタ「対策会議?」


小生「リレー小生も2周目に突入。このままダラダラ続けても

  ラストに辿り着けない。そこで、そもそも俺たちは

  『何を達成したらエンディングなのか』について話し合おう!」



伴子「なるほど、『マリオ』ならクッパを倒してピーチ姫救出。

  RPGとかなら、ラスボスの魔王を倒す・・・とかですね?」



小生「その通り!『ゴール地点』が見えてないから迷走するんだ!!

  だから俺たちの目的をまず明確にしよう!!」



pon「やっぱり『黒幕を倒す事』じゃない?」



伴子「黒幕って・・・・・・」



















midori.jpg

取鳥「やっほー・・・」






















小生「コイツは柚子の姿だから何もできない!あとは・・・」



マピ「この施設から外に脱出する事じゃないッスか?」


pon「あ、たしかに」


ポウ「外にさえ出ちゃえば、警察なりなんなり駆け込めるもんな」


フォトバイ「そうすりゃマンビララも終わりってわけだ!!」


小生「よし!目的は『外へ脱出する事』!!これでいいな!!」


伴子「異議なし!!・・・ケホッ、ケホッ!!」


pon「伴子ちゃん大丈夫?風邪ひいた?」


伴子「いや、そうじゃなくて、もう何時間も何も飲んでないから

  喉が渇いちゃって・・・むせちゃっただけ」


pon「そういえば私も・・・それにお腹も減ったなぁ」



クッタ「そういう事なら俺に任せてくれ!!」



小生「何か食料もってんのか?」



クッタ「いや、実はさっき、姐さんに姿を戻してもらった時に

  俺も能力に目覚めたようなんだ!!」



マピ「おおっ!!素晴らしいご都合主義展開!!」


小生「どんな能力なんだ?」



クッタ「ふっふっふ、みんな俺の近くに集まってくれ!

  行くぞ~、えいっ!!」



























DSCN5130n.jpg


フォトバイ「ん?あれ・・・ここは?」








クッタ「マンビララ社から一番近くのファミマだ」


マピ「すげーーー!!瞬間移動能力かよーーーー!!」


クッタ「その通り!20km以内の場所ならどこにでも

  行きたい場所に行ける!さぁみんな!ジュースとか

  会議中に食べたり飲んだりするもの買うぞ!!」



小生以外の全員「「はーーーーい!!」」




小生「いや・・・ちょっと待てよお前ら・・・」


マピ「なんスか?姐さん。早くしないと店が閉まっちゃいますよ。

  あ、コンビニは24時間だった!!あっはっはっは」


小生「だから、そうじゃなくて・・・」


クッタ「ほらほら、姐さんも飲み物、食べ物選んで!!」


小生「いや、話聞けよ!!」


クッタ「聞きます!聞きますから!!まずは買い物!ねっ?」


pon「会計するよー!誰かファミマTカード持ってる?」


伴子「あ、私もってます!!」


小生「いや、会計とかいいからさ・・・」


マピ「何言ってんスか!!会計しなきゃ犯罪ですよ!!」


クッタ「そうです!憎きマンビララ社と一緒になっちゃうんですよ!」


小生「そういうこと言ってんじゃねーよ!!俺は・・・」



クッタ「はーい、会計終わりましたね?じゃあ戻りまーーす」



























マピ「あ、さっき会議してた場所に戻ってきた!!」


フォトバイ「スゲー能力だな、クッタス!!」


クッタ「へへっ!さぁ、みんなに紙コップまわして!!

  ジュースと、ポテチと・・・」


pon「これで会議も楽しくなるね!!」


伴子「えへへ、私ついでにゲームまで買っちゃった♪」


pon「いつの間に~?ちゃっかりしてるなぁ~もう★」






小生「お前ら・・・何言ってんの?」




全員「「え?」」




小生「今、マンビララ社の外に出れてただろーが!!」




全員「「あっ・・・」」



小生「もう会議なんて必要ねーんだよ、クッタス!!

  もう一回瞬間移動すれば終わりじゃねーか!!」


クッタ「すんません、あの能力、一週間に2回が限度なんス」


小生「はぁ!?」


クッタ「今2回使ったから、あとは一週間後しか・・・」


マピ「姐さん~~!気づいてたならなんでコンビニの時に

  言ってくれなかったんですかぁ~~~!!」


小生「言おうとしたよ!!お前らが喋らせなかったんだろ!!」


ポウ「まぁまぁ、過ぎた事を責めてもどうにもならないアル」


pon「そうだね、前向きに会議を進めましょうよ」


小生「くっ・・・わかったよ!!」


伴子「じゃあ、私に提案があるんですけど・・・」


小生「うん、何?」


伴子「他に自分の能力に目覚めてる人がいたら、それぞれ

  どんな能力か発表しません?」


マピ「あ、なるほどね」


クッタ「そうか、脱出の役に立つ能力があるかも!!」


小生「そうだな・・・誰か能力に目覚めた奴いるか?」



ポウ「はい」



小生「どんな能力だ?」



ポウ「たった一度しか使えない能力なんですが・・・

  『過去24時間以内の出来事の中のたった一つだけ

   無かった事にすることができる能力
』アルよ」



小生「過去24時間以内の一つを無かった事に・・・

  あ!!じゃあ、さっきコンビニに行って、その後

  ここに戻らなかった事にすれば!!」


伴子「そうか!!地上に脱出できた事になる!!」



ポウ「わかりました、では・・・・・・はぁっ!!」











全員「「・・・・・・・・・」」








小生「・・・?特に何も変化が無いな」


マピ「時間差があるんでしょうか?」


クッタ「あれ?伴子ちゃん、顔が赤いよ?」


伴子「あ・・・たしかに過去の出来事が変わりました」



全員「「・・・?」」




伴子「アイテムボックスで『ソフレ』を入手しなかった事に

  過去の出来事を変更されてしまいました!!」


マピ「はぁ?とゆー事は、どうなるの?」


伴子「ポウさんに・・・私の全裸を見られちゃいました!!」


ポウ「えへへ・・・」



小生「てめぇーこの野郎!!!!」


クッタ「なんだそのニヤケた顔は!!」


ポウ「えへへ・・・えへへ・・・」












会議は続く・・・



スポンサーサイト
プロフィール

マッピー

Author:マッピー
マッピー著
『たまぁに本気でムラムラするブログの書き方』

1260円
フランス書院より
絶賛発売中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。