スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健全な青少年への教育

この記事には一部、FC2の健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現

が含まれている可能性がある為、ご覧になられる際は以上の点を充分に

ご理解頂いた上で「続きを読む」をクリックしてください。









mapiko.jpg



皆さん、こんばんわ。
私、ボケ職人・マッピーこと、本名・長谷川マピ子です♪

今日は久々に家庭教師の仕事なんですが・・・う~ん。

あまり気分が乗らないなぁ。


今回は一応男の子なんですけど・・・まだ小学生。

さすがに守備範囲外だなぁ・・・・・・

















<若井 純(小5)の家>



ピンポーン♪


マピ子「こんにちは。、『家庭教師のHIWAI』から来ました。

   長谷川と申します。宜しくお願いします」


純の母「あらあら、どうも。お入りください」




純の部屋へ案内されるマピ子




純の母「純~、家庭教師の先生がいらしたわよ~」


純「はーい。あ、こ、こんにちは・・・どうも」


マピ子(あら、照れちゃって可愛らしい

マピ子「はじめまして、長谷川マピ子です。よろしくね」


純「うん・・・あ、はい。よろしくお願いします」


マピ子(小5か・・・あと3~4つ上だったらなぁ・・・)


純の母「先生、お飲み物です。ちょっと冷蔵庫の中切らしてて

   牛乳しか無いんですが・・・よろしいですか?」


マピ子「あ、ありがとうございます。牛乳大好きです!」


純の母「それじゃ私はちょっとお買い物に行ってきますので

   あとはお願いしますね、先生」


マピ子「はい。お気をつけて行ってらしてください」




部屋を出て行く純の母




マピ子「さて、まずは純くんの成績がどのくらいか見せてみて」


純「は、はいっ」




ランドセルの中から一番最近のテスト用紙を取り出す


国語85点

算数72点

理科78点

社会69点



マピ子「ん~・・・社会がちょっと低いみたいだけど、そんなに

   悪いってほどでもないみたいね」


純「あ、はい・・・あ、ありがとうございます」


マピ子「苦手なところを重点的にやるとして・・・うん。これなら

  毎日まじめに勉強してればすぐに成績は上がりそうね」


純「は、はい。頑張ります!」


マピ子「それじゃ、学校で使ってる教科書を見せてもらっていい?」


純「はい!ええっと・・・」




ガサガサとランドセルの中を漁り、全教科の教科書とノートを

一冊ずつ机の上に並べていく。


その時、純のランドセルの中に数枚のプリント類の束が見えた。



マピ子「あれ?この紙は・・・?」


純「あっ・・・それは・・・」


マピ子「まさか、点数の良かったテストだけ私に見せて、

  悪かったテストは隠してたとかぁ~?」


純「違います!それはテストじゃなくて・・・」



強引にその紙の束を取り出すマピ子。




マピ子「・・・ん?・・・あ」




それは性教育の授業で使用したと思われるプリント類だった。




純「その・・・今日学校で、男子と女子が別々の教室で

  なんかその・・・そういう授業があって・・・」


マピ子「懐かしい~!そんな事もあったなぁ~」


純「ぼ、僕はその・・・あんまりよくわからなかったですけど」


マピ子「えぇ~?本当にぃ~?」


純「だってそんな、いやらしい事・・・僕、スケベじゃないし!」


マピ子「これは別にスケベとか、いやらしい事とかじゃないでしょ?」


純「いやらしいですよ!だって・・・女子の裸とか書いてあるし」


マピ子「ふぅ~ん・・・女の子の裸に興味無いの?」


純「あ、あああ、ありませんよ!!」


マピ子「そうなんだ?じゃあ・・・」




性教育のプリントをパラパラと読み流すマピ子。



マピ子「じゃあ純くんは・・・コレ。まだなの?」



プリントの一箇所を指差す。

そこには「精通」について書かれていた。

純の顔が真っ赤になる。



純「せ、先生が言ってたけど、い、意味がわかりません!」

マピ子「という事はまだなのね?」

純「そんなの・・・」




マピ子はそっと、純の股間に手を伸ばす。



マピ子「あら。でも大きくはなってるみたいね♪」


純「うわっ!や、やや、やめてくださいっ!!」


マピ子「学校の授業では理解できなかったんでしょ?

  授業でわからないところを教えてあげるのが

  私の仕事なの



マピ子は純の背後から抱きしめるように股間をさわる。



マピ子「じゃあ、純くんのオチンチンがこのイラストと一緒か

  ちょっと見てみましょうか」


純「や・・・やだ・・・やめてください」



マピ子は優しい手つきで純のズボンとパンツを脱がす。

中からはビンビンに硬くなったモノが出てきた。



マピ子「ほら、もうこんなにカチカチじゃない・・・あっ」



そっと指先でさわった瞬間、ビクンと跳ねた。



純「先生・・・そんなとこ汚いです・・・」


マピ子「汚くなんてないよ」



もう一度ゆっくりと両手で包み込む。

そして純の背後から耳元に顔を近づけて囁く。



マピ子「ピクピクしてるね。気持ちいい?」


純「よく・・・わかんないです」


マピ子(精通はまだって言ってたし、本当にわからないのかも)



マピ子「それで学校の先生は、オチンチンを刺激すると

  どうなるって言ってた?」


純「・・・・・・ネバネバした液体が出るって言ってました」


マピ子「じゃあ、試してみようか?」



包み込んでいる両手をゆっくりと動かす。


純「はうっ・・・ち、力が入らない・・・です・・・」


マピ子「大丈夫。ちゃんと支えててあげるから・・・あ、」




次の瞬間、マピ子の胸の中で純の小さい体が二度、三度、

ビクンビクンと小刻みに痙攣する。



純「うっ・・・う・・・」



包み込んでいたマピ子の両手のひらの中に、熱い感覚が広がる。

そしてゆっくりと手の中の硬いものは小さくなっていった。



純「あ・・・せ、先生の手に・・・・・・」


マピ子「おめでとう。ちゃんと精通できたね」








<マピ子先生の性教育の巻・完>



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

No title

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何故にショタ!?

あっ海老さんだ。

No title

牛乳が太字だったのと社会のテストが69点なのが、
伏線だと思わせておいて、…何もないんかいっ!www


小・中学生の時にドンピシャで夢見たシチュエーションなので、
おっさんとなった今でも、なんだか普通にドキドキしちゃいました。

No title

でた!!

オチ無しエロ小説!!

オチが無いほうがオモロイと思います!!

FC2で書籍化するんでしたっけ??

No title

全ては「家庭教師のHIWAI」を書きたかったが為の伏線と見た!

オチが無い事に逆に吹きました!

No title

おわっ!!!
海老さんだ!!!

オチ無しエロ小説もイヤラシイですが、
海老さんのコメントでイヤラシサ倍増ですね!!!

No title

どこ探してみても、
>「続きを読む」をクリック
の、クリックするとこ見つからない。。。

と、いう前振りに、爆笑ww

一体、どこにあるんだー。

No title

小学生はさすがにないわー。
高1がギリギリボーダーラインかな(犯罪です)
って、普通にエロ小説書いただけかよw
まあオレはエロ小説も書けないシャイボーイだから
ある意味羨ましいけどね。
シャイボーイだから。
シャイボーイだから。
シャイニングボーイだから。
シャイニングボールだから。
シャイニングゴールデンボールだから。
ゴールデンボールだから。
金玉だから。
睾丸だから。
溝丸だから。

Re: No title

>海老卑猥大先生!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ありがとうございます!!

言いたい事は伝わりました!!

「いいぞ!もっとやれ!!」だなんて!!

さすが師匠!お好きですね!!

Re: No title

>温度差さん


>何故にショタ!?

いやいや!!

「このシチュエーションはアリだ」って
温度差さんも言ってたじゃないですか(笑)

Re: No title

>クッタスさん


「マピ子先生」シリーズを書く時は、伏線とかオチとか
一切考えてません。

ただただ読む人に興奮してもらえそうなシチュエーション
だけを考えて書いてます(笑)

おかげさまでドキドキして頂けたようで嬉しいッス!!
僕も子供の頃、こういうのに憧れてました(笑)

Re: No title

>取鳥のHIWAIですさん


書籍化?僕にはムリですけど、あの人なら・・・

Re: No title

>スんず区さん


いや、オチとか伏線は何も考えてません(笑)

とにかく勃起できそうなエロいシチュエーションを考え、
それ以外はその場の思いつきです。

Re: No title

>ファンキーガッツマンさん


さすがは海老フライ師匠ですよねw

きっとエロい匂いを敏感に察知するんでしょうね。

海老フライ師匠!いつでもいらしてください!!(笑)

Re: No title

>ponさん


え?

「続きを読む」が見つからないですか??

あ、もしかして直接この記事を読んじゃいましたかね?
ちゃんとブログのトップページから見て頂ければ
最初のほうにありますよ^^

Re: No title

>おきゃんTさん


またまた~

おきゃんさんがシャイボーイだなんて言ったら、
全国のシャイボーイの立場が無いでしょww

って、最後!!(笑)


マッド菜園ティストさんに怒られますよ!!

No title

ごちそうさまでした。
マピさんの下ネタへの情熱、
そして男気見せてもらいました!
わりと本気で続編楽しみにしていますw

Re: No title

>こしあんさん


このシリーズはたま~にしかやりませんが、

次回があるとしたらまたエロい内容になると思います。

股間を元気にして読んで頂けたら嬉しいです(笑)

プロフィール

マッピー

Author:マッピー
マッピー著
『たまぁに本気でムラムラするブログの書き方』

1260円
フランス書院より
絶賛発売中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。