歴史に名を残す偉人たち~第1回~

皆さん、こんにちは。



前回の記事で少しだけ『偉人の言葉』を紹介しましたね。


で、今回はせっかくなので、あまり知られていない

世界の偉人を紹介したいと思います。



今後、シリーズとして定期的に紹介していこうと思います。







さて、第1回の今回は、前回登場したこの人物から。









port.jpg


ムッツリーノ・オンドゥーサ
Muttreeno Ondosa
(1881~1911)



イタリアの小説家。18歳の時に執筆した『愛しい手』がヒットし、
以降、主に恋愛小説を手がける。代表作に『かたりべ』、『柚子の奇跡』、
『思春期の夢』などがある。私生活では女性関係のトラブルが多く、
29歳の時に出版した自伝、『悪癖』に生々しく書かれている。

初期の頃は純粋な恋愛小説が多く、読者も若い女性が多かったが、
20代中盤頃からは大人の性愛を描いた官能小説を書くようになり、
男性のファンも獲得した。この背景にはやはり私生活での恋愛遍歴が
深く関係しているようである。

同時に複数の女性と交際していた彼は、その中の1人の女性から
夜道で背後から刺され、30歳の若さでこの世を去る事になる。

彼の死後、自室の仕事机から執筆途中の未完成原稿が発見される。
そのタイトルは『自業自得』となっており、皮肉な遺作となった。


【代表作】

・愛しい手
・かたりべ
・柚子の奇跡
・思春期の夢
・秘蜜の肉
・女
・女は玩具
・悪癖
・自業自得(※未完のまま出版された)









いかがでしょうか。歴史に名を残す人物というのは

その生き方も波乱万丈なんですね。


さて、続いて紹介するのはコチラの人物です。










346px-Bakst_self.jpg


レーエン・ファンガーチン
Rayen Fangarchin
(1875~1948)


ロシアの画家。初期の頃は店舗などからの依頼を請けて、
商売用の絵を描いていたが、徐々にその画力を認められ、
芸術作品として認められるようになる。

初期の頃の画風は風景画などが多く、人物画は少なかった。
人物画を描く時も全て男性の絵で、婦人画は描かなかった。
当時のコメントでも「女の絵なんか描く奴は不純だ」と
語っており、婦人画を描く事に抵抗を感じていたようである。

だが、この当時は世間的に裸婦画が流行しており、彼の描く
健全な風景画は全く見向きされなかった。生活に困った彼は
仕方なく裸婦画を描く決心をする。こうして描かれた作品、
『ババンコ(Babanko)』は高い評価を受けた。

以降、彼の作品は全て官能的な女性の裸の絵ばかりとなり、
彼は『裸の巨匠』と呼ばれるようになった。
こうして生活には余裕が出てきて、画家としての名声も
上がったが、何故か夫婦生活は冷めていったようである。
一説によると、初めて描いた裸婦画のモデルを努めた女性、
ババンコと不倫関係にあったのでは?と言われている。

晩年は若手の画家への指導・教育にも努め、彼の一人娘の
クリットリィ・ファンガーチン(Clittoriy Fangarchin)も
画家としてデビューしている。だが、その作風は父と違い、
人間の内面、心の闇を描いたものが多い。



【代表作】
(風景画)
・雪の町
・海岸
・夜の霊園

(裸婦画)
・ババンコ
・濡れるババンコ
・乱れるババンコ
・首吊りババンコ

【レーエンの娘、クリットリィの代表作】
アンパンの男








さて、いかがでしたでしょうか?

もちろん世界の偉人は他にもたくさんいます。






鶸取 鳥左衛門
ひわどり とりざえもん


菜園寺 溝丸
さいえんじ みぞまる

Torinyk Kuttas
トリニィク・クッタス

Zenshiel Mofknicov
ゼンシエル・モフクニコフ






などなど。


今後もこのような偉人たちを定期的にご紹介していこうと思います。


では本日はこれにて。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

アホだな~。
この上なくアホな事を、この上なく真面目っぽく書きやがって!

めちゃくちゃ笑いました!

あっ、あと、
ババン子ちゃんも大爆笑してましたよ!!!

No title

そっか、ムッツリーノ・オンドゥーサの早死にはそんな理由があったのか・・ 
なんか、ものすごく説得力があるかもww

レーエン・ファンガーチンに至っては、もうそのまんまじゃん!ってぐらい彼の歴史ばかりかお子さんまで盛り込まれていて感動すら覚えますww

No title

クリットリィ・ファンガーチン

これ爆笑しましたww
クリットリィてww
文体がうまいので余計おもろいですww
まさに「人に歴史あり」ですなw

No title

私は今、温度差という男の体を借りコメントを書いている。
後世でこのような賛辞の記事を書いてもらったことに深く感謝の意を表する。

未完であった『自業自得』は、私が女性に刺され死んだことで完成した。

まさに『悪癖』の中で「女の顔が快感で歪めば歪むほどに、むしろ私は冷静となり、あたかもサイエンティストのような“変化に対する好奇心”のみが原動力となっていた」と記したとおり“好奇心”が私を殺したのだ。
そう、本当の意味で私を殺したのはあの女性ではなく私自身の好奇心だった。

すでに私が物心ついた頃には活躍をしていたレーエン・ファンガーチン氏の風景画『夜の霊園』に描かれたエロスのメタファーは、
私が官能小説を書くに至った大きな動機のひとつであり、
彼の作品の偉大さを改めて感じさせられた。

No title


ムッツリーノ氏のコメントが、「らしさ」を増幅させちょるばいw

いや~w
偉人って、あらためてスゴイ人々だったんだ。
えらいひとって書くだけの事はあるんだね。

コロンブスとか、毛沢東とか、ピカソとか、
三輪明宏とか、ジャンヌダルクとか、みーんな凡人に見えてきたw

マッピーさん、これからも色々な人をピックアップして、
暑さでやられてる、無力感を脱力感を、拭い去る記事をお願いねw

Re: No title

>ファンキーガッツマンさん


なんですって!?ババン子ちゃん(25)が大爆笑ですって!?

どうですか、ババン子さん。秋に東京に来るファンガツさんと一緒に
ババン子さんも東京に来ませんか?

きっと、もっと面白い事が待ち受けてますよ・・・

ぐふふふ・・・

Re: No title

>ポリンキーさん


絶対、女がらみでトラブル起こす人でしょうからねww

あ、さっき『ボケて』のほうでネタにして頂いて
ありがとうございました。
このブログ見てない人には全然わかんないでしょうけど、
【身内】ネタの特権ですなwww

Re: No title

>ブタマンさん


なんか、「それっぽい」名前を考えるのって難しいッスわw

レーエン・ファンガーチンは別にいいんですけど
娘さんのクリットリィさんには罪悪感を感じます(笑)

Re: No title

>ムッツリーノ・オンドゥーサさん


これはこれは、霊界からようこそ(笑)

ムッツリーノさんの小説はリアルさと心理描写が絶妙ですよね。
特に初期の頃より、官能的な作品を書き始めた頃以降は
まるで何かに取り憑かれたかのようにエグイ話が多いですよね。

レーエン氏の『夜の霊園』はまだ初期の頃の作品なので
ただの風景画ですが、そこからエロスを感じ取ったという事は
やはり初期の頃からレーエン氏はそっち方面へ深い関心があったのでしょうね。

天才同士にしかわかり合えない領域というのを垣間見た気分です。

Re: No title

>ponさん


これからちょくちょく、「世界の偉人シリーズ」やってこうと思います。

次回は誰にしよう・・・

あ、そう言えばponさんと似た名前の偉人もいたなぁ・・・

その人にするのもいいかな?

もっふっふっふ・・・

No title

ようこんなん思いつくわwww
めちゃ笑った
ムッツリーノ氏、背後から刺されるて!www

あと、ミドリーノ・オサン とポリン・キー(そのまんまやん)との競作の「前夜祭」が抜けてますねww

No title

↑あ、喪服前進でした!w

No title

めちゃめちゃ笑った!!!!wwwww

まず、顔写真に吹きましたww
オンドゥーサさん、すんげームッツリっぽいしwww
ファンガーチンさん、めちゃインチキ臭いしwww

最後、クリットリィ・ファンガーチンの作風が
人間の内面、心の闇を描いたものが多いってのでヤラれましたwwwww

あー、おもろかった!!!

シリーズ化に期待します♡

No title

・濡れるババンコ
・乱れるババンコ
が特にお気に入りです

私の中では
・濡れるババンコ(20歳)
・乱れるババンコ(23歳)
・首吊りババンコ(25歳)

です

おもろかった

No title

ムッツリーノの生まれ代わりって絶対どっさんやね…^^;www

Re: No title

>喪服前進さん


あ、そっか!!『前夜祭』ありましたねww
すっかり忘れてました!!(笑)

じゃあ、『柚子の奇跡』の中に短編として
収録されてるっていう設定に変更で!!

Re: No title

>クッタスさん


できるだけ有名じゃなくて、インチキっぽい写真を探しました。

最後、ファンガーチンさんの娘さんの絵を紹介しましたが、
あれは完全に心の闇を表現してるとしか思えませんからね!ww

たぶん、お父さんを見てて、そうなっちゃったんですね。

あ、もちろんシリーズ化します!!

Re: No title

>取鳥のHIWAIですさん


全部ババンコについてばっかりじゃねーか!!www

ババン子さん!!絶対に島根には近づかないようにね!!

Re: No title

>ハンケツ王子さん


そうですね(笑)

そして前世と同じ末路を辿りそうで怖いですね。

だから隣の石田さん一筋にしとけば良かったのに・・・

プロフィール

マッピー

Author:マッピー
マッピー著
『たまぁに本気でムラムラするブログの書き方』

1260円
フランス書院より
絶賛発売中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR