スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本格推理ミステリー!

俺の名は明茶 小間郎(あけちゃ こまろう)。
言わずと知れた名探偵だ。

これまでに解決してきた事件?
多すぎて、いちいち数えていないな。
おばQの髪の数より多いのは間違いない。

中でも、密室殺人が多いのは確かだ。

どれも俺が解決しなければ、今頃は名球会入りしていた程の
難事件だったはずさ。

いくつもの密室トリックを解決するうち、
ついたあだ名が「密室ネカフェでドキドキプレイ」……

おっと、これは昨夜観たビデオのタイトルだった。

「密室探偵、明茶小間郎」

それが俺のあだ名さ。


コンコン


ん?どうやら客が来たようだ。

やれやれ…また事件が俺を呼んでいるらしい……。



「失礼するよ明茶くん」
「おや、警部補さん。どうしました?」

この人は鯱畑 印三郎(しゃちはた いんざぶろう)。
左曲署(ひだりまがりしょ)の刑事だ。
俺のちょっとした知り合いで、よく事件の相談に来る。
え?どんな知り合いかって?
2年前、とあるソープランドで…

(中略)

…というワケさ。今じゃ兄弟みたいな間柄かな。
ちなみに彼の方が歳上だが、俺が兄さんなんだ。
おっと、この話は余計だったかな。忘れてくれ。

「実はきみの力を借りに来たんだ」
「事件が起きた…と。それもかなり難しい事件が」
「うむ。詳細は車の中で話す。ついて来てくれんか?」
「いいでしょう。案内してください」

俺は椅子から勃ち上がり、二人で外に出る。
そして鯱畑さんの車の助手席に乗り込んだ。

「明茶くん、車内に二人きりだからといって、この間のような事は…」
「わかってますよ。運転中にそんな事しませんよ。事故になります」
「そ、そうだな。じゃあ行くか」
「ふっ…鯱畑さん。それはシフトレバーじゃありませんよ?」
「おっと、いかん!きみの…道理でシフトレバーが太いと思った」
「太い…だけですか?」
「ふ、太くて…硬くて…あ、熱い…。火傷しそうだよ」
「ご存知の通り、俺はハードボイルドなんでね」

やれやれ、困った刑事さんだ。
事件が俺を呼んでいるというのに、まずは車内という密室で
もう一つ事件を解決しなきゃいけないらしい。



30分後

駐車場の隅でギシギシと揺れる鯱畑の車。
ちなみに俺の事務所の駐車場だ。

「おや?さっきから無線が鳴ってますよ。いいんですか?」
「いい!いいよ明茶くん!もっと!もっとだ!」
「そんな事言って…この間も上司に叱られたらしいじゃないですか」
「く……仕方ない、明茶くん!そのまま続けて…あぅっ!」
「ふぅ、わかりましたよ…」

鯱畑さんは俺の指テクに翻弄されながら無線機を取る。

「はい、こちら鯱…は…た、は…はた…はたぁっ!!」
『鯱畑くんか?早く戻って来い!捜査会議が始められんぞ!』
「え、えぇ…す、すぐに…すぐ…い、イキます!」
『それならいいが。会議室にみんな集まってるからな』
「じ、事件は会議室で起きてるんじゃない!今ここで起きてるんだぁ!」
『なにっ!?また新たな事件が発生したのか?現場はどこだ!』

やれやれ…これでまたこの人は減給だろうな。
仕方がない。まずはこっちを片付けて、事件のほうも
パパッと片付けてやりますか。

「明茶くん!明茶くぅーん!!」
「ふっ…(アンタの性感帯の)謎は全て解けた!!」


数分後。
乱れた着衣を直す鯱畑さん。
車内に立ち込める青臭い匂いを消すために煙草をふかす俺。

どうも俺は密室に入ると事件を呼ぶ体質らしい。
探偵でありながら罪な男だ。

そしてようやく車は駐車場から動き出す。


彼が事務所に来てから、すでに一時間が経過していた…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

なんだこれwww

いや~、人物設定とか展開とかがアホすぎて、
もう逆に続きが気にならないという妙な気持ちになりましたよ…。

寝たいのに、たっぷり笑わってまた目が冴えちゃった…。

Re: No title

> 温度差さん


ふふふ…今夜は寝かせませんよ…

温度差さんの目を
ギンギラギンにさりげなk…何でもないです

こちらでは始めましてw

実は前からちょこちょこ見てたんですけど

なかなか書き込むのって難しいですねw

この短い文章書くのにも10分以上うなりながら
考えています。

こんな感じですのでboketeでも投稿数が増えないすよw

よし、ボケ職人っぽい書き込みになったぞ!

へば!

Re: こちらでは始めましてw

> ぷれじさん

わ!
コメントありがとうございます!

やだぁ~、チラチラ見てくれてたんですね?
きゃっ!恥ずかしいっ!
(…本当に恥ずかしい内容のブログですが…)

ぜひこれからも見に来てください!
チラ見・大歓迎!

お客さーん!踊り子には手を触れないでくださーい!

No title

「密室」か。
ミステリーには、かかせない要素だねー。
と、思いきや。

あぁ。

マッピーさん。

江戸川乱歩、超えた。のか?

大笑いしました(^^)

ぶははははは!!バカだwww!!!

マッピーさん、最高です!!
この分だと密室殺人事件も 「死ぬ!死ぬぅ~~!!逝く~~~~!!」ってなノリですか?

ちなみに スんず区には、何丁目にイっても 会えません。
毎日のように〇宿2丁目に入り浸っていたのは、数年前の話ですから…(笑)

7月11日がXデーですか! 都内在住の身としてはゼヒ遊びに行きたいなぁ・・・

>ponさん


あぁ…、
こんな内容の記事にコメントありがとうございます。

密室と聞くと、そっち方面の想像しちゃう
大馬鹿野郎です。

越えられるものなら是非
越えてみたいですねぇ。
絶対無理とはわかりつつ…。

エドガー・アラン・イヤン・バカン・ポッ♪さんを。

Re:大笑いしました(^ ^)

>スんず区さん


あんまり先の展開は考えずに
適当に書いてたんですが…(笑)


7月11日の件なんですが、
さっきアメーバでさま’zさんと
その話してまして、仕事の日なんですが、
途中参加OKらしいので、
あとは場所しだいな感じです。

ただ、マッピーは早くても22時~22時半から
って事になりますが。

No title

無茶振りのヒワイです
みる挽きさんのブログコメントにマッピーさんの名前を出しときましたのでよろしくお願いします

探偵さん!僕の性感帯も探し出してください!
続編では密室でエッチな幽霊に触られたと主張する女子大生と絡ませてください

では!

いつか会いましょう!

はじめまして!

こんにちは!クッタスと申します。
いつも大変お世話になっております。

それぞれソープに行きながら、お互いでもイキ…
両刀の探偵と警部補が織りなすめくるめく官能の世界。
読者の感情移入もへったくれもありません。
先生、売りましょう!
ぜひ出版しちゃいましょう!

またお邪魔します。

No title

マッピーさん、こんちわ^^

すごいですね、
何が?ってナニが。

本文中の「ハードボイルド」

ってありますよね?

あのくだり、

「熱くて、火傷しそうだよ」
ハードボイルだから・・・」

と読み間違えて、

「へぇ、ゆでてたんだ、そりゃ熱いよね」

ボイルしたウィンナーだとばっかり思わせた
マッピーさんがすげぇなって^^

1時間くらいで、どうかしちゃう探偵って

どうかしてる

と思いますよ、えぇ。

今日、さまずからメールが来たんだけど、
はくしゃくオフの件、諸事情により
夜は東京駅近辺にいます。
いかがでしょう?

>鳥取の卑猥ですさん

最近の卑猥さんの無茶ブリはマジでプレッシャーです。


ちょっと携帯で職人さんのブログのぞいて、
新しい記事が更新されてるなーと思ったら、
まずは卑猥さんがすでにコメント投稿してないかどうかが
めちゃくちゃ気になります!
また厄介な無茶ブリしてへんやろか…と。


あ、ちなみにマッピーは飽きっぽいので、
続きを書くかどうかは全く未定です。

Re:はじめまして!

>クッタスさん


おお!
コメントありがとうございます!


ちょっ…出版って…(笑)
無理ですって!
カリに…いや、仮に本にしても、絶対18禁です!

アホなブログですが、
よろしければまたコメントください!

>いんでいさん


いやいや、いんでいさんの想像力も
スゴイですって!

まさか「茹でたから」とか返されるとは
思いませんでしたよ。
極太ウィンナーをボイルして
熱いのを突っ込んでさしあげます!

>guppyさん


東京駅ッスか。
ちょっと遅くなりますが
途中参加OKなんですよね?


イケ…じゃなくて、
行けると思います。

No title

吹いた!!!

なんだ、こりゃ!!!

事件って・・・それ、事件って呼べる?


まぁ、
ツッコミたい所は山ほどありますが、

結論を言うと・・・




こういうの・・・大好きです!!!

Re: No title

> ファンキーガッツマンさん


結構、ハードボイルドな台詞って好きなんですが、
内容までハードボイルドなのは思いつかない。

なので、それっぽい台詞で馬鹿な事やらせました(笑)

書いた後で読み返すと、ちょっと恥ずかしいです。

No title

クッタスさんのコメから高跳びしてきました♪
読ませていただいたので何かコメントを残そうかなぁと。



ブログ記事を書いてる姿を後ろから一度見てみたいです♪

Re: No title

>きゃらめるさん


やめて!!

ブログ書いてる姿なんて、恥ずかしくて見せらんないっ!!

プロフィール

マッピー

Author:マッピー
マッピー著
『たまぁに本気でムラムラするブログの書き方』

1260円
フランス書院より
絶賛発売中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。