FC2ブログ

『ロッキー』シリーズを語る④ 【ロッキー4/炎の友情】

今回は『ロッキー4』のお話です。

第4作目 1985年
『ロッキー4/炎の友情』
(原題:ROCKY Ⅳ)
監督:シルベスター・スタローン
脚本:シルベスター・スタローン



『ロッキー』シリーズで最も人気が高く、興行収入もシリーズ最高記録となっている作品です。

人気の要因としては、敵役のイワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)が見た目的にも最高の悪役で、ロボットのような強さを視覚的に印象強く表現できている、というのが大きいのではないでしょうか。
そしてアメリカ的には時代的な要因もあり、『旧ソ連vsアメリカ』という非常にわかりやすい図式でもあります。

この『ロッキー4』は、わかりにくさを徹底的に排除して、とにかくわかりやすいシンプルな映画だと言えます。
それでシリーズ最高記録となるわけですから、目論見としては大成功だったでしょう。


が!!

僕的にはシリーズの中で最低の作品です。

何故かと言うと、僕にとっての『ロッキー』シリーズの良さというのは「人間ドラマ」だからです。
とことんストーリーをシンプルにした反面、ドラマ性は薄いものとなってしまいました。

これは僕の予想なんですが、もしかしたらこの『ロッキー4』は周りの人間から「こういうロッキーを作ってくれ」と言われたスタローンが渋々作ったモノなんじゃないかとすら思います。
だって元々『ロッキー3』で終わらせる予定だったわけですし。

それでもスタローンなりに頑張って多少なりとも「ロッキーらしさ」を脚本にねじ込んだ結果なのでは?というのが僕の見解です。


【ロッキー4における見所】

最初に言った通り、全体的に「ロッキーらしさ」の薄い今作ですが、それでも良さを見出だすポイントというのはあります。

試合直前、ポーリー(バート・ヤング)がロッキーに言うセリフ。

「俺は自他共に認めるどうしようもない男だ。だがお前は本当にいい奴だ。こんな俺でもお前は対等の親友として付き合ってくれた。こんなこと言うのは俺のガラじゃないが、もし生まれ変わって誰かになれるとしたら、俺はお前になりたい」

このセリフが『ロッキー4』の中で僕が一番感動したセリフでした。
けど、このすぐ後にリング上でドラゴと対面した後に

「さっきお前になりたいって言ったけどよ、やっぱやめとくわ」
「あぁ、それがいい」

というやり取りでしっかりオチをつけるのも大好きでした(笑)


そんなわけで『ロッキー4/炎の友情』は個人的に見所の少ない作品なんですが、仕方ないので今回はひとつ「ロッキー豆知識」を教えます。

これは『ロッキー4』に限らず、全シリーズに共通する事なんですが、ロッキーの親友ポーリーだけは、ロッキーの事を「ロッキー」とは呼ばないのです。
字幕でも日本語吹き替えでも「ロッキー」と呼んでいますが、元々のセリフをよく聞いていると、ポーリーは「ロッコ」と呼んでいるのです。
これは1作目~6作目の『ロッキー・ザ・ファイナル』まで全てです。
そう、ロッキーの幼なじみのポーリーのみ、ロッキーを「ロッコ」という愛称で呼んでいるのです。
これは字幕でも日本語吹き替えでもそのままやればいいのにと思うところなんですけどね。



さて、そんなわけで『ロッキー4/炎の友情』についてでした。
次回は『ロッキー5/最後のドラマ』について語りたいと思います。

スポンサーサイト
プロフィール

マッピー

Author:マッピー
マッピー著
『たまぁに本気でムラムラするブログの書き方』

1260円
フランス書院より
絶賛発売中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR