スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『法事で我慢する男』

俺は中仁田 宗也(なかにだそうや)36歳、独身、会社員。
今日は弟、仙介(せんすけ)の一周忌に来ている。

俺たちは子供の頃から仲の良い兄弟だったが、実を言うと、
本当は今日、ここに来たくはなかった。

なぜなら弟には妻と娘がいて、つまり俺の義理の妹と姪なのだが
特にその義理の妹には会いたくなかった。

彼女は俺たち兄弟の幼馴染みで、俺の初めての恋人でもあるからだ。



ああ、顔を合わせづらい。
俺は坊さんのお経の間、ずっと下を向いていた。
彼女、須和代(すわよ)と目を合わせたくなかったから。

一周忌法要が終わり、親戚たちが帰ってゆく。
俺もその流れに紛れて帰ろうとしたが、呼び止められた。

須和代「待って…義兄さん」

無視する事もできず、俺は振り返る。

宗也「やぁ、須和代さん。お久しぶりです」
須和代「親戚の方々のお見送りを済ませますから、待っててください」
宗也「え?いや、俺ももう帰りますから…」
須和代「久しぶりにお話したいの。いいでしょ?宗ちゃん」


『宗ちゃん』…昔の俺のアダ名だ。
彼女が弟と結婚してからは、お互いあえて他人行儀にしていた。
それが不意打ち気味に昔のアダ名で呼ばれ、一瞬反応が遅れた。
「用事があるから帰る」という嘘の一言が出せなかったのだ。

数分後、親戚の最後の一人を見送り、彼女は居間に戻ってきた。


須和代「ごめんね、待たせちゃって」
宗也「いえ、別に…」
須和代「ふふふ…誰もいないんだし、昔みたいに喋ってよ」
宗也「あ、うん。そう…だね」


二人きりになり、今日初めて正面から須和代を見た気がする。
当たり前だが喪服姿だ。
子供の頃から知っている彼女が、黒の喪服を着ている。
和服を着ているところすら、ほとんど見た覚えが無いせいか、
やけに新鮮で、…不謹慎な話だが色っぽく見える。

須和代「あ、私ったら気が利かないわね。お茶出すわね」
宗也「そ、そんな…いいよ」


立ち上がり、台所へ向かう須和代の後姿。
後ろ髪を結っており、チラリと見えたうなじにドキッとする。

駄目だ…何を考えてるんだ俺は…
おかしな事を考えるんじゃない…
須和代はもう、俺の彼女じゃない…
未亡人とはいえ、弟の奥さんで、子供もいるんだ…
…いかん、『未亡人』という言葉でさらに興奮してきた…


彼女が戻ってきて二人でお茶を飲み、30分が過ぎた。
ようやく他愛ない会話をする事にも慣れてきた時…

須和代「…ふぅ、やっぱり和服って苦しいわ。見苦しいけどごめんね」
宗也「えっ?」

須和代は少しだけ帯をゆるめ、襟元を開いた。
開いたと言っても、別に何が見えるというわけでもない。
文字通り、少しだけだ。
少しだけ。
だが、今の俺にはその『少し』が凶悪なほどの破壊力だった。

駄目だ…
見ちゃ駄目だ…

俺は歯を食いしばって理性と戦った。
あと少し…あと少し…
下を向いて心を落ち着け、少しずつだが
理性が欲望を打ち消してゆくのを感じた。

…よし、もう大丈夫だ。

そう思って俺は顔を上げた。
そして須和代の顔を見る。


後ろで結っていた髪をおろしていた。



………

その瞬間…

何かが…

プツンと、

頭の奥で

弾ける音がした。





気がつくと俺は須和代を畳の上に押し倒していた。
何かを叫んだような気もするが、思い出せない。
俺の手はまるで別の生き物のように、ただひたすらに、
須和代の喪服の裾をまくり上げてゆく。
もはや俺の中には、一片もの理性も残ってはいなかった。

俺は獣のように衣服を脱ぎ捨て・・・・・・・
















エラー警告


あっ、しまった~。やっぱ文字多すぎたなぁ。
皆様、そーゆー事で!
続きは想像でお願いします。

          by,マッピー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

な…なんと!

俺の『法事で我慢する男』(未完成)が、すでにリメイク版として!!

しかもハイエロクオリティーで、
かつてない大人のムラムラ感を実現しちゃってる!

思い起こせば…↓↓

|MAIL|URL|2010-07-01 20:57:29 |コメントする
さまさん♪ : 温度差
ありがとうございます!

空気作りの貴公子(と勝手に命名させて頂きましたが)のさまさんに、そう言って頂けるのは嬉しい限りです♪

正直次回は『法事で我慢する男』というタイトルの記事でいこうかと思いましたが、
励ましのお言葉を真に受けさせて頂き、
『法事で我慢する男』を書いたとしたしても、
こっちをメインでやっていきたいと思います♪

|MAIL|URL|2010-07-01 21:01:41 |コメントする
無題 : スんず代
法事で我慢する男… 

あぁ、そうなの。私は未亡人。夫に先立たれた若き雌獣。( うなじ チラッ!)

あの人はもう居ないの…(チラッ!) この熟れたカラダを貪っていた手が懐かしい(チラチラッ!)

黒い喪服に身を包んで… 疼く肌が怨めしい(チラチラッ!)


そりゃあもう、我慢なんぞ出来んわな(´・ω・`)

|MAIL|URL|2010-07-01 22:25:18 |コメントする
スんず代さん♪ : 温度差
ちょっ…ネタバラシしないでくださいよ!!

いや違う!こんなの書きたいわけじゃない!

ゴクン…嗚呼、そのうなじが艶かしくて…。
こんなの書いちゃおうかな…?

いや、このテイストの内容はマッピーさんの専売特許なんで、
マッピーさんにパスしましょう!


↑↑
これが全てもの始まり!

いや~、マッピーさんありがとうございます♪

Re: No title

> 温度差さん


僕も温度差さんとこのブログの
その一連のやりとり見てました。

ちょっと!なに言ってんですか!?ってな思いでしたよ(笑)


しかもその後も、「2005年、初夏の僕…」では
あっ、そういえば今回は『法事で我慢する男』を書くはずだったのに、

…とか、その次の「恋愛講座の基礎知識4」では
本来ならば『法事で我慢する男』を書こうと思っていたのですが、


絶対に書く気ないやろっ!?って。


だって…温度差さんが書けって言うんだ。
なら書くしかないじゃないか!!

No title

オチが凶悪過ぎww!! (^0^)ワロタ
普通に見入っちゃったじゃないですか!!

どっさんと マピさんのかけあいが実にイイですね~!僕も混ぜてww!!

Re: No title

> スんず区さん


混ぜても何も、発端は温度差さんとこのブログのコメントの
スんず区さんからじゃないッスか!!(笑)

本当ならこれは温度差さんに書いてほしかった…!
そうすれば『ムッツリスケベ』以外のエロワードでも
温度差さんのブログが検索でヒットするはずだったのに。

たぶん、コレの続編は温度差監督が自身のブログで
書いてくれると思いますよ!(ニヤリ)

No title

えぇ!どっさんは絶対 この続き書きますよ、きっと! あの方は、期待を裏切らない方だ!!

…と、こっそり押し付けた所で。
義妹さんの娘サンの名前が、何気に気になるなぁ…。
志呈音『シテネ』ちゃん…とか?

Re: No title

> スんず区さん


ですよねぇ~?
あの方は絶対、期待を裏切らない方ですよねぇ!!


実は僕、姪の名前が思い浮かばなかったんですよ~。
それも含めてきっと!!(笑)

もう、『思春期特有のブログ』から目が離せませんね!!

No title

わっしょーい!

一連の流れを汲んでいるだけに、
うけた、うけたw

コラボ?フューチャリング??
この企画、成功っすよ。

ブログの記事?
未亡人。色気あるもんなー。
暴走しちゃうなよー。落ち着け、落ち着け。

どっさん、大変だなー。続き、やるかなー。

No title

わっしょーい!

一連の流れを汲んでいるだけに、
うけた、うけたw

コラボ?フューチャリング??
この企画、成功っすよ。

ブログの記事?
未亡人。色気あるもんなー。
暴走しちゃうなよー。落ち着け、落ち着け。

分からなくは、ない。かな。
わっしょーい!

Re: No title

> ponさん


毎回、毎回、本番手前で寸止めするのも
けっこうツライんですよね。
「いっその事、書いちまうか?」という
欲求に駆られる事ばかりです。

本当に書いちゃったら、もう正真正銘
「お下劣ブログ」になっちゃいますしねぇ。
今回が一番つらかったです。
いいタイミングでエラーが出て助かりました。

流れに乗ってくれてありがとうございます(笑)

ええ、きっと温度差さんは続き書いてくれますよ!

No title

ごめん。
若干、内容が違うけど
「ボケて」みたいに2重投稿しちゃった・・・。
気をつけまーす・・・。

Re: No title

> ponさん


いえいえ!
むしろ大事な事なので2回言ってくれたんですよね?

ええ、温度差さんにとって、とても大事な事ですもんね!

たぶんPCが空気を読んで気を利かせてくれたんですよ。

素晴らしい!

先生、ついに大河ドラマの序章がスタートしましたね。

今回は温度差先生との共作で半年?1年?続くとか…

先生の登場人物のネーミングのアバンギャルドさに
魅了されっぱなしのファンとしては、期待汁が出っぱなしです。

…須和代ってwww

No title

続きを読むには "ワッフルワッフル" と書き込めば
いいんですよね?

No title

そんな殺生な・・・

これ程卑怯な終わり方って・・・

この、じらし王めっ!!!

100勃起とは言いませんから、
せめて50勃起くらいはさせて下さい!

No title

娘の!

姪の娘の名前を教えてください!!

仕手世(してよ)

詩茶屋(しちゃや)

シチャウンダ・モン・キケンビナノニー


ああああーー気になるっ!!

Re:素晴らしい!

>クッタスさん


須和代、気に入って頂けました?(笑)

苦し紛れにつけた名前なんですが。

ちなみに須和代の旧姓なんですが、

氷見津原(ひみつばら)

という設定でした。

>guppyさん


その通りです。

ってゆーか、もうエピソード・ゼロを
書いてたみたいですね。

あと「ぺこ~ん!」もつけたら
より効果的かも?

>ファンキーガッツマンさん


違うんです!
じらしてる気は無いんです!!


ただ!


エラーが出ちゃっただけなんです!


ちなみに50勃起とは、どのくらいでしょう?

多分、100勃起がフィニッシュまでって事ですよね?
その半分って事は…………


先っぽ挿れるくらいまでですかね?

>「取鳥の」卑猥ですさん


いやぁ~、すんません!
ファンガツさんのブログのコメント見て
初めて気がつきました!

「鳥取」の字が逆だったんですね!?
以後、気をつけます。


ってゆーか、

「してね」、「しちゃや」はまだいいですが、
「シチャウンダ・モン・キケンビナノニー」って、
なんで外人やねんな!?(笑)

No title

はじめまして!
どっさんのとこから飛んで来ました

何故か読んでいて痛く切なくなりました

この小説が東スポじゃなく日経新聞に連載されるのを強く希望します!

No title

マッピーさん、こんちわ^^

シリーズ化したら、オナ木賞とか取りそうな、
勢いですね^^

印刷して、保存する方向で、上と調整してます。

どーでもいい事かも、ですけど、

「須和代」はやっぱ、バキュームフェラが得意ですよね?
「すぅわよ」・・・

なんつって。

>エアコンさん


ようこそ、おいでくださいまして、
ありがとうございます!

温度差さんにズキュウゥゥン!されちゃった
心と唇の傷は癒えましたでしょうか?


>痛く切ない

おお!気づいて頂けましたか!

実は長さの関係で省いた裏設定がいくつかありまして、

・須和代の娘の本当の父親は宗也である。
(本人は知らない)

・弟の仙介は、一度も中出しした事が無い。

…などなど。


お下劣なブログですが、
今後ともよろしくお願いします!

>いんで代さん


あ、どーも!
『いんで代』さんは初のご来訪ですよね?
以前こちらに来て頂いた『いんでい』さんという
職人さんが言うには、

なんでも、出版関係にお知り合いがいらっしゃるとか。

もしかして、そのお知り合いの方ですか?


『法事で我慢する男』の原作者は温度差さんなので、
僕には出版の決定権は無いんですよ。

なので、出版するかどうかの交渉は、
温度差さんのブログのコメント欄へ
『ムッツリスケベ』という単語を
3回以上使って書き込んで、
お願いしてみてください。
プロフィール

マッピー

Author:マッピー
マッピー著
『たまぁに本気でムラムラするブログの書き方』

1260円
フランス書院より
絶賛発売中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。