FC2ブログ

【ネタバレ注意】この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

今年の1月から放映しているアニメ

『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』


元々はエロゲーが原作で、今から遡る事約20年くらい前、アラフォーの僕が高校生の頃の作品です。

実際に僕がプレイしたのは高校を卒業した後、セガ・サターン版でしたので、「モロ」というセックスシーンはカットされていましたが、それでもかなりエロかったのを覚えています。


今回のブログは記憶を頼りに印象に残ってる場面を書いてみたいと思います。

現在放映中のアニメが初めての方にとっては盛大なネタバレとなりますので、ネタバレが嫌だという方は読まないようにお願いします。

この作品、『現代編』と『異世界編』とあり、今アニメで放映中なのは『現代編』となり、おそらくあと2~3話で『異世界編』になるのではないかと思います。

原作のゲームでは『現代編』でも数回のセックスシーンがありますが、アニメでは全部カットされていました。

ストーリー上、別にカットしても問題ないのでまぁ良いのですが、『異世界編』ではそうはいきません。

何故なら『異世界編』で重要なセックスシーンが二つあるのですが、それをカットしてしまうと登場キャラクターの出生に関係してくるので、さすがに本番シーンはやらないにしても「行為があった」という描写くらいはしないと話の辻褄が合わなくなってくるからです。


【その① セーレス】

20190717015250b77.jpg


アニメ版ではまだ登場していませんが、『異世界編』で主人公の奥さんになる女性です。

このセーレスとの間に産まれる子供が作品のタイトルにもなっている『YU-NO』のユーノなので、セーレスとのセックスシーンだけは避けては通れないはず。

アニメではどれだけマイルドに表現するのか楽しみです。







【その② アマンダ】

2019071701541103f.jpg



主人公が異世界を旅してる時に出会った女性で、ゲームでは成り行きで肉体関係になってしまうのですが、その後一緒に旅をしてラスト直前で闇の空間に吸い込まれてどこかへ飛ばされてしまいます。

その後の生死は不明なのですが、『現代編』で少しだけ出てきます。

放映中のアニメ16話に写真で出てきた赤い髪の女性、神奈ちゃんのお母さんです。

『現代編』では神奈のお母さんは「どこかの国からこの街にやって来た時にはすでに妊娠していた」と語られており、要するに同級生の神奈は主人公の娘だったというオチです。

と言っても、主人公も神奈ちゃんもたしか最後までお互いに親子とは気づかなかったんじゃないかと記憶してます。


サターン版ですらかなりエロかったので、パソコン版のほうもやってみたかったですけど、果たしてアニメ版ではどうなるのか、楽しみに待つ事にします。

スポンサーサイト



コメント

プロフィール

マッピー

Author:マッピー
マッピー著
『たまぁに本気でムラムラするブログの書き方』

1260円
フランス書院より
絶賛発売中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR