スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目指せ少年漫画家!高マピ留美子ちゃん!

mapimapi.jpg

はじめまして、漫画家志望の高マピ留美子です♪
女の子だけど少年漫画家を目指してます。
初めて持ち込みしたマンガが編集さんに誉められて
ちょっぴり自信ついちゃったかも。
あ、これから打ち合わせだった!急がなきゃ~~!


<ファミレス・店内>


高マピ「遅くなりました~!」

編集「いいよ、俺も今来たところだから」

高マピ「はい、それで今日のお話っていうのは…?」

編集「うん。こないだの新作のヒロインなんだけどね」

高マピ「ど、どこかいけなかったですか?」

編集「いやいや、話は面白いし、ヒロインも可愛い。ただ…」

高マピ「ただ?」

編集「もう少しお色気を出せないか?という意見が多くてな」

高マピ「でも、そういう作品じゃないし…」

編集「それはわかる!でも夏の設定なのに冬みたいな服だろ?」

高マピ「でもでもっ!ユリちゃんは超・冷え性の女子高生で…」

編集「うん…その設定を無視したら話が成り立たないものな…うん」

高マピ「そうですっ!寒いのを我慢して大好きなヒロシ君にだけ
   仮面を取って顔を見せるシーンが一番の見せ場なんです!」

編集「そうなんだよ!その時の顔が評判良かっただけにね?編集部は
   もっとお色気を!って声があがってるんだ」

高マピ「でも…お色気なんて、どう描いたらいいかわかりません」

編集「ホラ、例えばユリはルーズソックスを股下まで履いてる設定
   だったろ?その股下の部分まで描くとか!」

高マピ「そんな!それじゃパンツが見えちゃいます!」

編集「それを望んでるんだ!1コマだけなら乳首だって
   描いたっていいというのが上層部の意見なんだ!!」

高マピ「でも…でもでも…」


イラついた顔でタバコを吸い始める編集者


編集「ふぅ~~、高マピくん。キミ…男性経験は?」

高マピ「えっ?なんですか突然…その…何人かとは…」

編集「嘘だね!キミは男を知らない。少年漫画に一番必要な男心を!」


突然立ち上がり、高マピの腕をつかむ


編集「店を出よう。そして俺について来い!」

高マピ「ど…どこへ?」

編集「ホテルさ。俺がキミを女にしてやる!



男心を学ぶはずが、なぜか女にされる事になった高マピ!
さぁ、果たしてどうなってしまうのか!?

次回へ!!  …続かない


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

本家での衝撃の告白を見て飛んできましたw


ということは、このエロストーリーはご自信の経験談なのですね(`・ω・´)

No title

なんだろ?このドキドキは・・・

そうか!
これは、小学校の時、
空き地で拾ったエロ本を見た時と同じドキドキだ!

続きが楽し・・・続かないのかぁ!!!

No title

何だかすっごいワールドですね(と、ここで食材を冷蔵庫から出す)

マッピーさんの変態さが(と、ここで洗濯を始める)

出てますね(と、ここでトン汁を作り始める)

エロ編集長がキモイですが(と、ここで秋刀魚を焼く)

前に出版社で働いてた時に(と、ここで風呂にカビキラーを撒く)

こんな人いたような気が。

あ、米炊いてない!じゃあまたねー。





No title

この悶々とした気持ちどうしてくれるんですか!

ここからが楽しみなのに…!

あと純粋に高マピが描いた「超冷え性の女子高生」の漫画が気になります…。

>guppyさん

体験談かどうかには触れないであげてください。(涙)

ところでネット上で女のフリをするのが「ネカマ」なら、
男のフリをするのは何て言うんですかね?
オナベだから…「ネオナ」?…寝オナ…

なんかヤラシイ響きですね。

>ファンキーガッツマンさん


嬉しい…私でドキドキしてくれたんですね。

ところで河原のエロ本って、何であんなに臭いんでしょう?

思春期の興奮も吹き飛ばす臭いですもん。

>ponさん


ありがとうございます(と、ここでお風呂上がりの体を拭く)


変態という言葉は(と、ここで靴下を履く)

お下劣職人にとって(と、ここでワイシャツを着る)


最高の(と、ここで玄関に行って靴を履く)

誉め言葉です!(と、ここで玄関をあけて近所のコンビニまで)



……って、パンツ穿くの忘れてた!

>温度差さん


ウフフ、続きが気になるんですね?物語の。
実はあの後、…あっ!携帯のバッテリーが切れる!
詳しい話はまた今度!

ちなみに漫画のタイトルは「もん…(プツッ)

ツー、ツー、ツー…

No title

マッピーさん、こんちわ^^

ボケてのプロフ見て飛んできて、
最初に見たのが、この記事でした。

・・・

僕、

出版社に、

知り合いが、






いるって設定の妄想をするのが好きなんです。

いやいやいや、すごい世界観!
驚きましたぁ^^

これから他の記事も読んできます^^

またコメします~。

>いんでいさん

こ、こんな恥ずかしいブログに来て頂いて、変態…じゃなくて大変光栄です!


なお、全体の九割がお下劣で構成されてますので、
前もってお知らせいたします。
どうかご気分を害されませぬよう…。

No title

笑撃の告白から来てみましたが、なんじゃこりゃ~?ww
炸裂してますねぇ
他の方、同様 やっぱ、職人さんのブログは面白いわ~

Re: No title

>喪服前進さん

来て頂いてありがとうございます♪

私も喪服さんのダジャレ、大好きです!

「パイレーツ オブ カブるやん?」のネタでは
その後数日、思い出し笑いさせられました。…仕事中とかに。

今後ともヨロシクです!
プロフィール

マッピー

Author:マッピー
マッピー著
『たまぁに本気でムラムラするブログの書き方』

1260円
フランス書院より
絶賛発売中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。