スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラボ企画第二弾『名探偵・明茶マピ郎の事件簿』 第4話

前回までのあらすじ

第0話 スんず区さん http://bokete.blog135.fc2.com/blog-entry-25.html

第1話 ponさん  http://ameblo.jp/system-pon/entry-10695408176.html

第2話 ファンガツさん  http://ameblo.jp/k-rv2/entry-10696813631.html

第3話 おきゃんTさん  http://blog.livedoor.jp/koitiok/archives/1951185.html





第4話



おきゃん「つーかそいつらホントに犯人なのかな?」

マピ郎「…………!!」


急に黙り込むマピ郎。
何か思いついたような表情で腕時計を見る。


取鳥「どうしたんスか?所長……あっ!17時すぎてる!!」

guppy「そうか…始まるぞ!!マピ郎タイム!!

おきゃん「ま、マピ郎タイム…??」



助手2人「「説明しよう!!マピ郎タイムとはっ!!」」

おきゃん「誰にだよ。なんでカメラ目線なんだよ」



我々の所長、明茶マピ郎は基本的に無能探偵である!!

なぜなら!!

一般人が仕事に勤しむ日中、彼は布団の中で熟睡し、
夕方、日が沈み始める頃から活動をはじめ、
繁華街を遊び歩く、典型的なダメ人間だからである!!

つまり!!

明茶マピ郎は夜行性なのである!!

外の明るい時間帯は脳の活動は休止しており、

本来の力を発揮するのは17時からなのだ!!



おきゃん「17時から発揮ってグロンサンの高田純次かよ」

おきゃんが呆れたようにつぶやく。

マピ郎「ってゆーか、何でそんなネタ知ってんだ?超次元生命体!!」



そして勢いよく席を立ち、店員を呼ぶマピ郎。

マピ郎「店員さん!お会計!!」

店員「お会計、190,712円とかでございます

マピ郎(とかって何だよ…)



支払いを済ませ、店を出る3人(+1体)。

おきゃん「で?どこ行くんだよ?」

マピ郎「現場だ」

おきゃん「おや?柳葉敏郎のマネですか??ぷぷぷっ!」

マピ郎「ちげーよ!!…っつーかお前、日本人だろ絶対!!」

取鳥「所長、急がないと時間が…」



さらに補足説明。
マピ郎が本来の推理力を発揮していられるのは17時から
深夜2時までの9時間のみなのである。

付け加えるならば、その推理力は普通の探偵レベルでしかない。
金田一〇助や、古畑〇三郎のような天才的な頭脳は持っていない。
あくまで“普通レベル”の推理力になるだけである。



おきゃん「え?じゃあ、普通レベルの探偵じゃ解けない謎が出てきたら
     結局どうにもならないじゃん?」

マピ郎「フッ…!なぜ俺が『M探偵』と呼ばれるか、わかるか?」

おきゃん「ドMだからじゃないの?」

マピ郎「ちげーよ!!いやっ、Mなのは違わないけど…違うっ!!」

おきゃん「どっちなんだよ…まだるっこしい奴だな…」

マピ郎「『M探偵』のMは、『マグレ』のMだ!!」

おきゃん「マグロ?」

マピ郎「そうそう、ベッドで寝てるだけで相手が勝手に……って、
    
    そうじゃねーよ!!!

    マグレだ!俺が現場へ出向けば、マグレで重要な手がかり
    発見する事ができる。…それが俺の特殊能力なのだ!」

おきゃん「でかカリ?

マピ郎「そうそう、俺のカリはXL!!…って、バカ野郎!




つまり!
明茶マピ郎は17時から深夜2時までは普通の探偵レベルの推理力を
発揮する事ができる。そしてもう一つの才能、『マグレ』により、
決定的な手がかりをマグレで発見する事ができる!!
それにより、今まで数々の難事件を解決してきたのだ!!

おきゃん「あー!なるほど!普通の探偵でも推理可能なくらいに
     決定的な手がかりをマグレで見つけられると!
     だから難事件でも解決できたワケやね?」

マピ郎「フッ…!その通りさ」

おきゃん「………なんか、カッコ良さげに言ってるけど、
     冷静に考えるとカッコ悪いな」

マピ郎「う、うるせぇ!!とにかく現場へ行く!たぶん、
    昼に行った時も俺は手がかりを見つけてたはずなんだ!!
    だが昼の俺では、それを手がかりだと気づく事が
    できなかったんだ!!」

おきゃん「なんつーかお前の活躍って瞬間最高視聴率
     的な感じだよな。瞬間的に『紅白歌合戦』を抜きました!
     みたいな?」

マピ郎「…お前、やっぱ日本人だろ!!


17時48分

事件現場、イボンヌ=大老の屋敷。

屋敷の前には見張りの警官が立ち番をしており、
入り口のところには立ち入り禁止のテープが貼ってある。


警官「これは明茶探偵!お疲れ様です!!」

マピ郎「ああ、ども。ちょっと現場を見せてもらいたいんだけど…」

警官「も、申し訳ありませんが…一応、民間人ですので、お一人で
   通す事はできないのですが…」

マピ郎「あ、そっか!でも今からフェラチオ…じゃなくて、海老原警部補に
    来てもらうのも時間かかるなぁ」

??「ふふふ…お困りの様子だね明茶くん。力を貸そうか?」

マピ郎「あ、あんたは!!」


続く



↓ オマケ記事

******************************



あー緊張した!!

やっぱ、トップバッターより誰かの次のほうが緊張しますね(笑)

さぁ、次はさま'zさんヨロシクです!!



さてさて、前回の競馬予想の結果です。

皆さん、予想していただいてありがとうございます!!



なんと!!


一名だけ!!


ズバリ的中した人がいます!!





その方の名は・・・・・・
























さま'zさんです!!







さまさんが購入した4点のうち、

3-15 が見事、大当たり!!




1190マッピーの払い戻しです!!

おめでとうございます!!





そしてそして・・・




そう! 3-15 が当たりという事は、




やりました!!センプウマキバオー!!


初の3冠達成!!!!


バンザーイ!バンザーイ!!






スタートと同時に⑫、⑱、⑯、⑦などが飛び出し、
僕のセンプウマキバオー③は5番手くらいの位置取りでした。

そんな状態が最終コーナーまで続き、ラストの直線あたりで
センプウマキバオーが差して、そのまま一位でゴール!!

今回は先行馬が多かったせいか、逃げという展開ではなく、
差して勝ったような感じでした。





さぁ、次は牝馬3冠!!



そして、親子3冠を目指します!!



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

まさかの競馬予想的中!
そして、僕のターン!
なんか、さま’z尽くしですみません・・・!w

謎の人物が出てきましたね・・・
敵なのでしょうか・・味方なのでしょうか・・・
あ、僕次第なんですよね・・・
緊張するなぁ・・・

No title

おひさしぶりですw

今までの話をまとめると
「強運の探偵がスタンドと美人2人を従えて、
 不可解な事件のトリックを暴いていく」

で大体あってますか?w

ボクの順の頃はどうなってるかな?

では~w

No title

マピさん、こんちわ&お疲れ様でした^^

 グロンサンのCMとは古いですね、僕は好きですけどね、
こういう所から持ってくるの^^

 何やらキーマンの登場でのつなぎ、さまさんがどんな
人物を登場させるのか・・・

 最初のヤマ場でしょうか、それとも・・・^^


 三冠おめでとうございます!

 外れちゃったのは残念ですが、ウイポの三冠は
うれしいですよね^^

 次はジャパンCか、それとも有馬か・・・

 次もやる時は予想させてくださいね^^

Re: No title

>さまずさん


馬券的中おめでとうございます!

次の第5話ヨロシクです!!

本当は最後に登場した人物も書いていて、
現場で手がかりを見つけて推理が始まる!

…みたいなとこまで書いてたんですが、
長くなっちゃったので省きました(笑)

コラボリレーなので、次の人にお任せするのが
醍醐味かなぁと思いまして♪

頑張ってください!!

Re: No title

>ぷれじさん


概ねその通りですねw

ファンガツさんの第2話を読んだ時、
「マグレ」ってフレーズが出た瞬間に
「これしかない!」って思いました(笑)

でも流石に少しくらいは考える能力が無いと、
いくらマグレでも事件解決できないなーと思い、
「17時をすぎると普通レベルくらいになる」
という設定を追加しました。

第8話、頑張ってください!!

第4話 お疲れ様でした^0^

ある意味、皆が一番楽しみにしていたであろうマピさんの回、上手くまとめられましたね~
さま’zさんの手腕に期待っす!!

そして、三冠達成おめでとうございます~!!

Re: No title

>いんでいさん


「17時を過ぎたら本領発揮」という設定を考えたら
自然と出てきたネタです(笑)
ってゆーか、みんなグロンサンのCMが浮かぶかと思って。


ありがとうございます!
3冠とれちゃいました!!

今まで馬のステータス画面で、「主な勝ち鞍」という項目が
「日本ダービー」とかになってたんですが、菊花賞後に見てみたら
「主な勝ち鞍:3冠」に変わってました。

さぁ、引退までにどれだけの成績になりますやら…

Re: 第4話 お疲れ様でした^0^

>スんず区さん


誰かの次ってのもプレッシャーでしたが、
主人公が「明茶マピ郎」なので2倍プレッシャーでしたよ!!w

本当はもちょっと無茶ぶりテイストな内容にしようかと思いましたが
もう4話目なので、そろそろ下地になる設定を固めようと思い、
あんな内容になりました。

でもまー、バッサリ設定を壊してくれちゃってもOKですが(笑)

「設定」なんて取鳥さんの前では無力な言葉ですしねwww

No title

巧い!!

今までの流れを上手いことまとめ、なおかつ超次元生命体のおきゃんさんとの
掛け合いで笑わせる手法は職人リレー小説のお手本のような気がしました!

僕の競馬予想は外れちゃったけど、マッピーさんおめでとうございます!


はぁ~~、もうすぐ僕の番だぁ~~

緊張しておしっこ漏れてるのも気づかないや。

でも、いいや!

尿漏れぢゃ、濡れてまいろう。

No title

おもろかった

でも

【お下劣】やめて【バカ】にしたんですね!

【お下劣】はガッツマンさんが持ってっちゃいましたからね

ふっふっふ

私の順番で

SM宇宙企画物にしてやるんだ

もっふっふっふ

No title

超次元生命体おきゃんに押され気味だったのを、
うまいことマピ郎との掛け合いで引き戻しましたねw

また現場に戻ってきて謎の人物登場ですか!
どうなるんだろこの後w


そしてついに3冠達成ですか!


・・・・・・チッ(・д・)ここでも外したよ・・・。


ウソウソ(笑)おめでとうございます!

次は有馬記念取って年度代表馬でも狙いますかね?!

No title

笑った!!!
こいつらのやり取り、たまりませんな!!!

そして・・・なるほど~!
うまい事つなげましたね!

とりあえず、小説自体は第4話まで進んだのに
一向に推理が進まない今回の流れ、大好きです!!!

後ろの人に、どんどんしわ寄せが行くんだろうな(笑)

No title

すげえw
何がすげえってオレが面白い事言ってるのがw
マピさんありがとうございます。
つーか5時から男は懐かしいですね。
いい設定だと思います。
助手や超次元生命体と上手く連携をとって
名推理で華麗にフィニッシュ!ってなるといいですね。


…まああと2~3回は目玉飛ぶような展開がありそうですがw
それはそれで楽しみだw

No title

会話のやりとりが絶妙ですねーww

「『M探偵』のMは、『マグレ』のMとは
予想をはるかに超えてました。

そして、みなさんもおっしゃってますが
うまいことつなげてありますねww

高田純次の5時から男の称号を、
マッピーさんが受け継ぐことに
なるとは思わなかったよ。

おつかれさまでしたー★

Re: No title

>クッタスさん


ありがとうございます!

なんかちょっと短かったかなぁ?と
自分では思ってたんですが・・・

クッタスさんも頑張ってください!!

Re: No title

>取鳥の下の県の風俗街でムッツリスケベと豪遊してくるぞ!さん


いや、【バカ】を狙ったわけじゃないんですが・・・

一応【お下劣】も入れたつもりだったんですが・・・

さすが卑猥師匠!!

あの程度では【お下劣】とは呼べないんですねっ!?

御見それしやしたっ!!(笑)

Re: No title

>溝丸さん


なんか設定説明だけで、全然話が進まなかったので
申し訳ない気持ちでいっぱいですw

残りの皆様、頑張ってください!!


いやぁ、ついに3冠とれました!

ちなみに有馬記念の人気投票で1位に選ばれて、
1番人気で出走したんですが、結果は2着でした。

1着になったのは、2番人気だった7歳の古馬。
お年寄りパワーに負けました(笑)

でもなんとか年度代表馬には選ばれました!!

Re: No title

>ファンキーガッツマンさん


実はここだけの話、今回のマピ郎とおきゃんさんのやりとり、
「ファンガツさんが好きそうかな?」っていう僕の想像で
書いてみました。

たぶんファンガツさんは、こういうテンポが好きなのでは?と。
なので喜んで頂けたら嬉しいかぎりです!!

そんな事ばかり考えていたせいで、ご指摘の通り
全然ストーリーが進んでません(笑)


皆さん!がんばっ!!ww

Re: No title

>おきゃんTさん


せっかく3話でおきゃんさんが登場させてくれた、
かなり濃いめのキャラでしたので、思いっきり
使わせて頂きました!!

性格とか口調とか、完全に僕のイメージで書きましたが、
「おきゃんはそんなキャラじゃない!」っていう苦情は

…まぁ水に流してやってくださいね(笑)

さぁ、この先どう展開してくのでしょうか!!

Re: No title

>ponさん


あざっす!

ファンガツさんの第2話で、やたら「マグレ」という
フレーズが連発していたので、もしかしたら
ファンガツさんもそのつもりで書いたのかな?
なんて考えながら書きました。(M=マグレ)

さぁ、果たしてマピ郎の「5時から男のグロンサン」設定は
今後使われるのか!?乞うご期待!!!(笑)
プロフィール

マッピー

Author:マッピー
マッピー著
『たまぁに本気でムラムラするブログの書き方』

1260円
フランス書院より
絶賛発売中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。