スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKO47 後編

元禄14年3月29日


幕府からの遣いに対し、家老の大石は赤穂城を明け渡す。



さて、ここからがAKOメンバーの苦難の歴史の始まりだった。




まず浅野家家臣一同の分布について簡単に説明しよう。


浅野家が治めていた土地は赤穂藩。

では浅野の家臣が全て赤穂にいたのかと言うと、そうでは無い。

江戸にも屋敷があり、そこに勤める家臣もいた。

浅野内匠頭は主に江戸に住みながら大名の職務をこなしていたため、

むしろ赤穂藩に戻る事のほうが少なかった。



浅野家の中で一番高い位の家臣は、筆頭家老の大石内蔵助である。

しかし江戸勤務の家臣たちにも浅野家家臣としてのプライドがある。


特に「早く吉良を討とう!」と血気盛んだったのは赤穂の家臣たちよりも

江戸の家臣たちのほうであった。


勝手に吉良邸へ討ち入りしないようにと、赤穂の大石は江戸メンバーに

きつく言い聞かせるのであった。




そんな大石の態度が気に入らない江戸メンバーたち。

その中心人物となっていたのが、堀部安兵衛(ほりべ やすべえ)だ。



安兵衛は浅野家臣の中でも飛び抜けて剣の腕前が優れており、

仲間からの信頼も厚く、リーダーとしての資質をもっていた。



安兵衛は何度も赤穂の大石にメールを送った。





リーダー大石へ

もう、江戸メンバーは我慢の限界!!

いつになったら私ら、討ち入りデビューできんの!?

これ以上は江戸メン達を抑えつけらんないから。

大石が動かないんなら、私らだけで討ち入っちゃうんだからね!!


堀部安兵衛






こんなメールが連日、大石のところへ届いた。

大石は何度も「もうちょっと待って!」と返信し続けたが

江戸メンバーも我慢の限界のようである。



9月下旬、大石は原惣右衛門(はら そうえもん)ら数名の部下を

江戸のメンバー説得のために派遣した。

だが逆に、赤穂から出向いた原たちは堀部に説得されてしまい、

そのまま江戸に居ついてしまう。





>リーダー大石へ


ごめんね~!!安兵衛を説得に行ったのに、

逆に言い負かされちゃった!!テヘ☆

だって安兵衛って、リーダーっぽいんだもん!!

ウチらこのまま江戸で安兵衛の派閥に入るから!!

じゃあね~!!



原惣右衛門 進藤源四郎 大高源五 中村勘助 潮田又之丞









完全に赤穂の大石派、江戸の堀部派の2大派閥状態である。





だが大石はそんな江戸の堀部派を説得し、数々の困難を乗り越え

AKO47を一つのチームとしてまとめあげたのである。




そして、松の廊下の事件から1年9ヶ月。


元禄15年12月14日


AKO47の討ち入りデビュー

が決定した!!










20110807_kuwatakeisuke_04.jpg

秋元「よく頑張ったねぇ~。一時は派閥ができたりしちゃって
   どうしようかと思ったけど、よくここまで来たね」


堀部「それはやはり、大石殿のリーダーシップのおかげですよ!
   彼がいたから俺たちはここまで来れたんです!!」


秋元「うん、そうだね~。ではここで重大発表~!!」



大石「なんですか?」



秋元「今から吉良の屋敷に攻め込むわけですがぁ~・・・

チームを2つに分けます!!




メンバー全員「えええええええっ!?」





堀部「そんな、せっかくチームが一つにまとまったのに・・・」



秋元「違う違う!吉良の屋敷は広いから、2箇所から同時に
   攻め込もうっていう作戦!!じゃあメンバー発表ね!!」







チーム表門(おもてもん)

大石内蔵助(リーダー)
片岡源五右衛門
富森助右衛門
武林唯七隆重
奥田孫大夫
矢田五郎右衛門
勝田新左衛門
吉田沢右衛門
岡島八十右衛門
小野寺幸右衛門
早水藤左衛門
神崎与五郎
矢頭右衛門
大高源五
近松勘六
間重次郎
堀部弥兵衛
村松喜兵衛
岡野金右衛門
横川勘平
貝賀弥左衛門
原惣右衛門
間瀬久大夫




チーム裏門(うらもん)

大石主税(チーム裏門リーダー)
吉田忠左衛門
堀部安兵衛
礒貝十郎左衛門
倉橋伝助
杉野十平次
赤埴源蔵
三村次郎左衛門
菅谷半之丞
大石瀬左衛門
村松三大夫
寺坂吉右衛門
潮田又之丞
中村勘助
奥田貞右衛門
間瀬孫九郎
千馬三郎兵衛
茅野和助
間新六
木村岡右衛門
不破数右衛門
前原伊助
小野寺十内
間喜兵衛








なんやかんやで!!



吉良の屋敷へ討ち入りデビューを果たしたAKO47!!

ついに吉良上野介を発見する!!




大石「・・・貴公が吉良様ですかな?」


吉良「な、なんの事でしょう?私は身分の低い使用人で・・・」


堀部「身分の低い者が、絹の寝巻きなど着るものか!!」


吉良「ひっ、ひぃ!!わ、ワシを殺すのか!?」


大石「浅野家家臣のAKO47です。まずは一曲聴いてください」








殺りたかった~ 殺りたかった~

殺りたかった~ Yes!!

獲りたかった~ 獲りたかった~

獲りたかった~ Yes!!

吉良を~~~~♪




吉良邸、全力で~ 向かう

縄ハシゴで壁を登る

雪が積もっている道も

今はもどかしい



やっと気づいた 本当の気持ち

正直にゆくんだ

たったひとつこの道を 走れ!



吉良ならば 吉良だと言おう

誤魔化さず 本名を名乗ろう

吉良ならば 吉良だと言おう

腹の内(臓物) さらけ出そうよ~♪



殺りたかった~ 殺りたかった~

殺りたかった~ Yes!!

斬りたかった~ 斬りたかった~

斬りたかった~ Yes!!

吉良を~~~~♪















吉良「・・・・・・・・・・・・」



大石「・・・・・・・・・・・・」



吉良「・・・・・・・・・・・・」



大石「・・・御免!!」 グサッ!!


吉良「はうっ!!・・・・・・(ガクッ)」










大石「えー・・・・・・・・・」



一同「・・・・・・・・・・・・」





大石「AKO47、解散!!」















新春時代劇・『忠臣蔵』

元禄14年(1701年)3月14日。


赤穂藩主、浅野内匠頭(あさの たくみのかみ)が江戸城・松の廊下にて

吉良上野介(きら こうずけのすけ)に斬りかかり、切腹の処分となる。



浅野家は領地(赤穂藩と赤穂城)の没収との命令が下る。



その報せが赤穂藩に届いたのは3月20日。赤穂城を取りまとめる、

浅野家の筆頭家老である大石内蔵助(おおいし くらのすけ)の耳に入る。


すぐに赤穂城内は大混乱となる。



現代社会で言えば、東京に出張中の社長が突然死んだようなものだ。

その上、会社も倒産決定と告知されているのだから、社員(赤穂藩士)の

混乱度合いは容易に想像できるであろう。




ここで赤穂城内の浅野家・家臣たちの意見は2つに分かれた。

幕府の命令に従い、素直に赤穂城を明け渡す。

または城に立て篭もり、幕府からの使者と一戦交えるか。




そして藩士の中からはこのような声も挙がった。



主君である浅野内匠頭様が、殺したいほどの恨みをもった吉良上野介。

その吉良は死なずに生きている。ならば主君の無念を晴らすため、

家臣一同が代わりに吉良上野介を討つべきではないか!?




この家臣たちの騒ぎに、家老の大石は頭を悩ませた。


だが主君が死んだ今、赤穂藩の混乱を沈めるのは家老の役目である。


大石は浅野家の家臣たちを一同に集めた。







家臣A「大石殿!!我らで吉良の首を討ち取りましょう!!」


大石「ふむ・・・それはどのように?」


家臣A「どのようにって・・・吉良の屋敷に乗り込んで!!」


大石「ではその日、偶然吉良は屋敷にいなかったとしたら?」


家臣A「う・・・」


大石「よいか皆の者!!仮に吉良の屋敷に討ち入るにしても、
   絶対に失敗は許されん!!そして、ただ吉良の首を取れば
   良いというわけでは無い!!世の人々から、我らの行いこそ
   正義であると認められねばならぬ!!そうでなければ
   ただの盗賊と同じ!!亡き殿の名に泥を塗る事になるのだ!!」





大石の言葉に家臣一同は声を失う。



大石「よいか。今こそ我らは一つにまとまらねばならぬ!!
   今日は、そのための有力な人物に来て頂いている。
   ・・・どうぞ、お入りください」



大石がそう言うと奥の襖が開き、一人の男が中に入ってくる。


赤穂藩士たちは「いったい何者だ?」という表情で男を見る。







謎の男「・・・キミ達は吉良の首を取りたいんだね?」


家臣B「そ、その通りだ!!」


謎の男「その為には大石が言ったように世間に認められねばならない」


家臣A「う、うむ。そうだ!!」


謎の男「私に任せてもらおうか」


家臣B「一体どうやって!?」


謎の男「それは・・・こうするのだ!!



















 AKO47
エーケーオー・フォーティーセブン
















20110807_kuwatakeisuke_04.jpg


秋元「僕の名前は秋元康。キミらをプロデュースしちゃうよ~」






家臣一同「マジで!!?」









つづく・・・か?



北東の県






199SEX年―



恥丘はカクの炎に包まれた!!






声は枯れ、股は裂け、全ての生命体は

絶滅したかに見えた・・・









だが・・・・・・








人類は死滅していなかった!!











性器出す吸精子伝説

北東の県






何も無い、荒れた荒野を歩く一人の男。

その歩みには覇気が無く、フラフラとしている。



男「み・・・みず・・・・・・・・・千匹」




バタリと倒れる。




次に目を覚ました時、そこは牢屋だった。

男は自分が意識を失って倒れた事を自覚する。

そしてその後、何者かに捕らわれたのであろう。



あたりを見回す。



すると牢屋の中にはもう一人いた。

年の頃は12~3歳くらいに見える少年である。

男が目を覚ました事に気づき、少年は声をかけてきた。



少年「よぉ、目が覚めたかい?」

男「ああ・・・ここは?」

少年「見ての通り、牢屋さ。アンタ何かやったのかい?」

男「いや・・・」

少年「ふぅん。オイラの名はバット(性的な意味)ってんだ!
  ちょいとこの村から食料を盗んでやろうとしたんだが、
  逆にとっ捕まっちまったってワケよ!!」

男「そうか・・・俺の名はケンスケ。ケンと呼んでくれ」




2人が自己紹介をしていると、牢の外に人がやってきた。

それは幼い少女であった。

年はバット(性的な意味)と同じか、少し下か。

その手にはトレイがあり、水の入ったコップとパンが乗っていた。

おそらく囚人である自分たちへの食料を持って来たのだと

想像する事ができた。



ケンは「ありがとう」と言って水と食料を受け取る。

そしてコップの水を飲み干し、少女に話しかけた。



ケンスケ「生き返ったよ。俺の名はケン。キミは?」

少女「・・・・・・」

ケンスケ「?」



少女は困ったような表情をするだけで答えない。

するとバット(性的な意味)が口を開いた。



バット(肉棒)「無駄だよ。そいつは喋れねぇんだ」

ケンスケ「何?しゃべれない・・・?」

バット(肉棒)「そいつはポンってんだけど、数年前に
    弟の部屋である光景を見て以来、喋れなく
    なっちまったのさ!!」

ポン「・・・・・・」

ケンスケ「そうか。幼いその目で地獄を見てきたんだな」

バット(肉棒)「ま、見たのはシゴクとこだけどな」



するとケンスケは牢の隙間から両手を出し、その指先で

ポンの乳首をつまんだ。

ポンは一瞬、全身に電気が走ったような感覚を感じ、

背後に飛びのいた。



バット(肉棒)「お、おい!何をしたんだよ、ケン!?」

ケンスケ「なに・・・喋れるように、おまじないをしたのさ」

バット(暴れん棒)「な、ナニぃぃ~~~~!?」

ケンスケ「あとは彼女の心しだいだ・・・」



そう言ってケンスケはゴロリと床に寝転がった。

その時、遠くから大人の男たちの叫ぶ声が聞こえた。



村人「おい、ポン!自慰奴(ジイド)の奴らが攻めてきた!!
   お前も来て一緒に戦うんだ!!」

ポン「・・・・・・!!」



ポンはケンスケをちらりと見て、牢の中に鍵束を放り投げた。

そして外に向かって走り去って行った。



バット(肉棒)「やべえ!自慰奴の奴らが来たみたいだぜ!」

ケンスケ「なんだ?そいつらは?」

バット(肉棒)「奴らはこの辺を荒らす盗賊どもさ!!
   奴らにかかっちゃ、女子供も皆殺しだぜ!!」

ケンスケ「なに?つまり盗賊みたいな奴らなのか!?」

Bット「たった今そう言っただろ!!」

Kンスケ「・・・ちょっと何言ってるかわからない」

B「なんでだよ!?ってゆーか俺らの名前がアルファベットに!!」

K「今は名前がどうとか言ってる場合じゃないと思いますが」

B「なに急に真面目ぶった事言ってんだよ!」

K「まずはこの牢屋を出る事が先決かと思います」

B「ああ、そうだよ!!異存ねぇよ!!」

K「まずはこうして、牢の鉄格子を握ります」

B「いや、ここに鍵があるから早くコレ使って・・・」

K「すぐに便利な物を使うのは現代人の悪い癖です」

B「何、テレビのコメンテーターみてぇな事言ってんだよ!!」

K「・・・ちょっと何言ってるかわからない」

B「2回目だよ!いや、だから急いでるから鍵使ってさ・・・」

K「だから鍵は使わないって言ってるでしょうが!!



バキバキッ!!

轟音とともに牢の鉄格子が左右に開き、破壊される。



B「お前・・・これ・・・」

K「すみません。つい、ムキムキになってしまいました」

B「いや、『ムキ』が一個多いよ!!」

K「あなたの意見も尊重すべきですね。鍵を使いましょう!」

B「意味ねぇだろ!!もういいぜ!!」







牢を抜け出したケンスケとバット(肉棒)

外に出ると、数人の村人が殺されていた。

そして村の中央には奴らのボス、自慰奴(ジード)が立ち、

ポンを人質にとられていた。



自慰奴「ふははははぁ!この小娘が殺されたくなければ
   ありったけの水と食料を持って来い~~~!!」




村人たちは立ち尽くす事しかできない。

そんな中、一人の男が自慰奴に向かって歩き始めた。



バット(萎縮)「おい!やめろよケン!殺されるぜ!!」



一歩、また一歩とケンスケが自慰奴に近づいてゆく。

それを見たポンが突然、大声で叫んだ。




ポン「ケーーーーン!!来ちゃだめ~~~~~~~!!
   でもオフ会には来てね~~~~~~~~~~!!」


自慰奴「おい!なんだ、オフ会って!?」

バット(萎縮中)「ぽ、ポンが喋った・・・!!」




そしてついにケンスケが自慰奴の目の前に立ちはだかる。



ケンスケ「おい!その子を放せ!!」

自慰奴「貴様に何ができるってんだ!!ああっ!?」

ケンスケ「・・・ぉあああああ~~~~~っ」




するとケンスケの全身の筋肉がモコモコと隆起し始める。

盛り上がった筋肉により、上半身の服がビリビリと破け、

盛り上がった下半身により、ズボンのチャックが開いた。




ケンスケ「あたたたたたたたたたたたたたたた・・・!!」




数十本にも見えるケンスケの両腕の拳が自慰奴に命中する。

だが、自慰奴は少しもダメージを受けている気配が無い。



ケンスケ「あったぁ!!」


最後の一撃を与えるが、自慰奴はピンピンとしている。


自慰奴「へっへっへ、痛くもなんともねぇなぁ!!」



ケンスケ「お前はもう、イッている!!



自慰奴「なにぃ~~?・・・ん、おおっ?」


突然、自慰奴の体の一部(股間)がモコモコと膨らみ始め、

そしてその先端から、勢い良く中の液体が飛び出す。

自慰奴はバッタリと倒れ、動かなくなるのだった。



村長「あれは・・・北東珍拳!!」

村人「し、知ってるんですか?村長!!」

村長「うむ。北東珍拳とは・・・(以下略)」






そしてケンスケはこの村から去ってゆく事にした。

バット(肉棒)がそのケンスケの後を追いかけてゆく。



バット(肉棒)「お~~い!オイラも連れてってくれよ!!」

ケンスケ「ふっ・・・好きにしろ」

バット(愛棒)「おう!今日から俺様がお前の相棒だぜ!!」





去ってゆく2人を見つめるポンと村長たち。


ポン「ケ~~~~ン!!」

村長「追ってはならんぞ、ポン」


村長はポンの肩に手を置く。


村長「『北東あらわる所、らん有り』と言ってな・・・

   彼はワシらのために村を出て行ったんじゃ・・・」






こうしてケンスケとバット(愛棒)の旅が始まったのである。



第一話・完



第二話、『南東の男あらわる!!』に続く



不定期連載小説『写真で一言』第2話

不定期更新小説

『写真で一言』

第2話 嘘







散々悩んだ挙句、楠田が『さぼテン』さんに名乗ったのは・・・


「と、取鳥の左です・・・」



理由なんて特に無かった。

この時、最初に楠田に働いた思考は、

“自分が『レッドぶるぶる』だというのは隠すこと”

そして、

“自分と同じ島根県の職人さんって誰がいたっけ?”

この2点のみだった。そして咄嗟に思いついたのがたまたま

『取鳥の左です』さんだっただけだ。



だが、口に出したおよそ2秒後、激しく後悔した。

自分がお下劣職人だという事を隠したいのに、その為の偽名で

お下劣職人の名前を名乗ったのでは意味が無い。


どうしよう・・・やっぱり訂正しようか・・・

と、考え始めた時にはもう、『さぼテン』さんの反応が返ってきた。



「うわぁ!取鳥さんなんですか!?超有名な職人さんじゃないですか!」


予想外に好反応が返ってきて驚いた。

その表情にも嫌悪感らしきものは見受けられない。


「アノ取鳥さんですよね?お下劣が多めの?」

「あはは・・・はい、僕がアノ取鳥です・・・」


意外にも『さぼテン』さんはお下劣に抵抗が無い人だったのか?

だったら最初から『レッドぶるぶる』と名乗れば良かったのか?

とりあえず悪い印象では無いようで、ホッとした楠田であった。






2週間ほどが過ぎた。


あの日、携帯の番号とメアドを交換し、時々連絡を取り合っている。

まだ恋人同士と言うよりは、ただの世間話程度のメールくらいだが。

だが、こうして普通に会話をするようになって気づいた事もある。



彼女はお下劣に抵抗が無いわけでは無いようで、

むしろそんなに得意では無い。

ただし、面白いお下劣ボケはそれはそれとして認めているらしい。


なので『取鳥の左です』さんはお下劣職人ではあったが、まず第一に

自分より先輩職人さんであったという事、『ボケて』の中においては

かなり名前の知られている職人さんだったという事、そして、時々

「お下劣だけど本当に面白い」と思わせられるボケを投稿する

職人さんであるという事で、彼女は嫌悪感は抱かなかったようである。



つまり、その条件に該当しない『レッドぶるぶる』と名乗っていた場合

今とは全く違う反応をされていたかもしれないのだ。

そう考えると、正直に名乗っていた場合の事を想像し、ゾッとする。

とは言え、罪悪感はある。

いつまでも嘘をついていていいはずが無い。

何より、本当の自分を隠している時点で健全な付き合いとは言えない。



あの嘘の自己紹介から2週間。

明日こそ言おうと思い続けて結局、ずるずると時間だけが経過していく。



ふと部屋の時計を見る。夜の22時。

そろそろ彼女は仕事から帰宅し、部屋でくつろいでいる時間だ。

いつも今頃の時間がメールをよくする時間帯なのだが、

今日はいつもと違い、電話をかけた。


2~3回の呼び出し音の後、彼女が電話に出る。


『あ、こんばんわぁ~。取鳥さんですよね?』


「もしもし、どうも。あの・・・」



















第3話へつづく







さて、今回の電話の内容は?

例によって投票を受け付けます!!

締め切りは9/30までです!!

12時間以上の間を空ければ、

再度投票してもOKです!!



そしてまたトップが同数だった場合は・・・


その時また考えます(笑)


新作ドラマ

皆さん、こんにちは。



このあいだ休みの日のお昼に、あるファミレスに

お昼ごはんを食べに入りました。

ハンバーグセットを注文し、休みの日だったので

生ビール(中)を一緒に注文しました。

すると店員の女の子が・・・

「セットにドリンクが一つ選べまして、ビールの小でしたら

無料でお付けできますが、いかが致しますか?」

と、教えてくれました。

それで僕は「あ、そうなんですか?じゃあ小でいいです」

と、答えました。


しばらくして注文したハンバーグセットとビールが来て、

店員さんは伝票を僕のテーブルの上に置いていきました。



食事が終わり、ふと伝票を見て驚きました。

その伝票には、手書きでこう書いてあったのです。






・ハンバーグセット  小生



生ビールの中を頼まなくて良かったと思いました。





・・・で、お馴染み













小生(しょうナマ)です






※この話はネタじゃなくて実話です。店員さんが近くにいなければ
そのレシートを写メ撮りたかったくらいです(笑)





さて、今回の話題なんですが。

先週までファンガツさんがブログのほうで真面目小説を書いてましたね。

で、取鳥さんがエロ不真面目パクリしたり、ponさんも関連ストーリーを

書いたりしてましたね。



で、僕も『予定』で書こうかと思ったんですが、どうも思い付かない。


なので、完全に別モノで何かお話を書こうと思いました。


ですが最初に宣言しておきます。

一応自分なりに真面目に書いていますが、正統派ではありません。

ある意味、邪道なストーリーです。

それは取鳥さんみたいに「エロい」という意味ではありません。



まずは今回、第一話を書きました。

一話目を最後まで読んで頂けたら、邪道の意味がわかるはずです。

それではお付き合いください。






続きを読む

プロフィール

マッピー

Author:マッピー
マッピー著
『たまぁに本気でムラムラするブログの書き方』

1260円
フランス書院より
絶賛発売中!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。